簡単
処理...
Opalite: History, Symbolism, Meanings & More
オパライト:歴史、象徴、意味など
このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

処理...

opalite gemstoneIf you love reading about opals, you may have stumbled across the term “opalite” and wondered: What’s the difference between opalite vs. opal?

While opal is made by Mother Earth, man-made opalite is a type of glass resin named for its use as an opal imitation. Not to be confused with precious opal, both types of opalite gemstones offer affordable alternatives to fine opal gems.

Can opalite be found naturally? Yes, but it’s a different stone than a precious opal. You won’t see the same fire and play-of-color that precious opals are famous for. But don’t rule out opalite just yet, because these gems have a lot to offer by way of affordability and beauty!

Opalite refers not only to man-made opal but also a form of common opal. Natural opalite isn’t man-made, but rather a naturally-occurring green or purple opal that’s heavily included and often shows chatoyancy (also known as a “cat’s eye effect.”)

Ready to learn more? Let’s get to it!

What is Opalite?

There is a little confusion about synthetic and natural opalite, so we’re going to set the record straight here. Man-made opalite is a translucent to milky stone usually made of opalescent glass but sometimes made from plastic or resin. The stone also goes by glass opalite, argonon, or sea opal. In trade, the terms “synthetic,” “simulated,” or “imitation” may be used instead of “man-made.”

For this guide, we’ll be using “synthetic opalite” to refer to man-made opalite, as “synthetic opal” refers to a stone with different chemical composition.

At first glance, synthetic opalite appears colorless or white. Once the stone is against a dark background, a pale blue color emerges. Put it against a light background and you’ll see a white body tone with a subtle, peach-colored glow. 

Since it’s a form of common opal, natural opalite has the same composition: silica and water. The hydrated silica forms in stacks of tiny spheres. When natural opalite has a cat’s eye, the hydrated silica spheres stack in a pyramid shape. 

natural cat's eye opalite

Opalite vs. Moonstone

Moonstone is a feldspar mineral composed of potassium, aluminum, and silica. Unlike amorphous opal and opalite, moonstone forms in a monoclinic crystal structure.

Because moonstone looks similar to opalite, opalite is often marketed as “opal moonstone.”

How can you tell opalite apart from moonstone?

First and foremost, man-made opalite differs from moonstone in that moonstone is formed naturally. The two share a similar sky blue hue and shimmering luster, but moonstone’s interior has cloudy inclusions that opalite’s milky interior does not.

Natural opalite differs from moonstone in color, hardness, and gemstone family. Opalite hardness is 5 to 6.5 on the Mohs mineral hardness scale, making it slightly lower than moonstone, at 6 to 6.5. Opalite’s composition falls under the Opalite family, while moonstone falls under Feldspar.

Let’s do a full breakdown of man-made and natural opalite properties.

peruvian blue opal with similar appearance to synthetic opalite

Opalite Specifications

  • Color: Synthetic - Colorless to white with blue or peach hues; Natural - Green, lilac, or purple with gray, black, or bluish-black inclusions

  • Crystal structure: Both - Amorphous 

  • Hardness: Synthetic - 5; Natural - 5 to 6.5

  • Luster: Synthetic - Vitreous; Natural - Subvitreous to waxy

  • Transparency: Synthetic - Translucent to transparent; Natural - Translucent to opaque

  • Refractive index: Synthetic - 1.50-1.52; Natural - 1.43-1.52

  • Density: Synthetic - 2.6; Natural - 1.9-2.3

  • Cleavage: Both - None 

  • Fracture: Synthetic - Conchoidal; Natural - Conchoidal to uneven

  • Chatoyancy: Present in some natural opalite

The science behind opalite is relatively recent and plays an important role in the stone’s history.

Opalite History

Natural opalite’s history starts where all opal history starts: millions of years ago. Opalite started forming about 20 million years ago, from what we know. The oldest opal artifacts were found in Kenya and date back to roughly 4000 BC.

The term “opalite” first appeared within literature in 1945. Glossaries for gemologists and geologists defined “opalite” as a synonym for common opal. For reference, common opal is any opal that doesn’t display play-of-color.

In 1972, French chemist Pierre Gilson made opal history when he successfully created the first synthetic opal, selling his creation two years later. Gilson relied on 1960s research on opal’s internal structure done by Australian scientists P.J. Darragh and J.V. Sanders. 

When Gilson initially sold his synthetic opal, he named it “Gilson Synthetic Opal.” In 1980, Gilson sold his design and some equipment to a Japanese company that started making the stones as well. As synthetic opal found a larger market, opalite became a new term for synthetic opal.

We should note that Gilson’s synthetic opal is not man-made opalite. Gilson’s stones are composed of silica, while synthetic opalite is composed of glass or plastic materials. However, Gilson’s innovation paved the way for synthetic opalite’s growing popularity.

Today, synthetic opalite is often used as a decorative object or tumbled stone for healing. On that note, what are opalite healing properties?

Opalite Symbolism & Healing Properties

To understand opalite healing properties, first, you have to know what opalite means. 

In general, opalite symbolizes clarity, fresh starts, and tranquility. The cool blue hues of synthetic opalite resemble a clear sky, representing optimism and perspective.

Opalite represents zodiac signs under the water element: Cancer, Scorpio, and Pisces. Spiritual opalite benefits such as its soothing and mood-enhancing properties are perfect for sensitive water signs who may need some extra relaxation. 

Scorpios born in October get to double-dip, as opalite serves as a more affordable alternative to opal, the October birthstone.

natural opalite pendant

What is opalite stone good for in terms of physical healing?

Physically, opalite can help balance the circulatory and respiratory systems. The stone is purported to help those struggling with insomnia and nightmares as well.

For emotional healing, opalite is known to reduce grief or sadness, as well as calm anxious thoughts. Many energy healers encourage using opalite to increase self-esteem and strengthen connections with others.

Some spiritual practitioners call opalite “Merlanite,” after the famous sorcerer, for the stone’s reputation for opening you up to mystical communication. Opalite can enhance your intuition, opening your mind to visions or messages from the spirit realm that will grant you wisdom. 

What chakra is opalite good for?

Opalite chakra healing is best for the Third Eye chakra, where you gain a higher understanding of the universe and your place in it.

When the Third Eye chakra is blocked, you may feel unassertive and restless. Once you use opalite to open the chakra, you may feel greater insight and acceptance.

Want to gain some insight into opalite’s value? We’ll fill you in!

Opalite Quality Factors

When choosing opalite jewelry or stones, knowing what goes into the gem’s value can help you feel confident about your purchase. Synthetic and natural opalite gemstone value depends on a few factors, including color, clarity, and cut.

Color

  • Natural Opalite: The stone’s primary color is typically mossy-green, lavender, or purple. Dark inclusions may be black, gray, or bluish-black and appear as veins or dendritic patterns.

  • Synthetic Opalite: As mentioned, synthetic opalite colors change based on different backgrounds. While light blue against a white background, the stone will be peach-pink or orange against a dark background. 

Clarity

  • Natural Opalite: As natural opalite is heavily included, clarity grades aren’t as important to opalite’s value as they are for other gems. However, translucent specimens may command slightly higher prices than opaque specimens.

  • Synthetic Opalite: Most synthetic opalite stones have no internal flaws, giving them great clarity. If flaws are present, they typically appear as air bubbles in glass opalite, which would lower the stone’s value. 

Cut

  • Natural Opalite: Natural opalite stones are often cut into various cabochon shapes, like ovals or rectangles. Tumbled stones are common, as well as raw opalite slabs. Opalite cabochons may be placed in jewelry settings as well. Cat’s eye opalite is popular for rings. 

  • Synthetic Opalite: These stones are almost always tumbled and/or cut as cabochons or beads.

Before it can be cut, how is opalite made?

natural opalite ring

Opalite Formation & Sources

Most man-made opalite is made of glass. The glass is often composed of dolomite and metal to best replicate natural opal’s volcanic conditions.

As with any glass, the process starts with melting raw materials down to a liquid, then allowing the mixture to cool and solidify. Dolomite is best for opalite glass because it allows the melted materials to maintain a viscous texture and protects the stone better from scratches.

Natural opalite forms like any other opal. Water seeps down into cracks and crevices underground, picking up silica spheres along the way. Most of the water evaporates, leaving behind beautiful opalite.

The size and proximity of the silica spheres give the stone its green color, while minerals present during its formation (like moss agate) are behind the dark inclusions. When the stone shows a cat’s eye effect, the silica spheres have taken a pyramid shape.

So, where can you find opalite?

Opalite Locations

The main sources for synthetic opalite are Australia, New Zealand, Turkey, and the US states of Arizona, Georgia, and California.

Natural opalite can be found in numerous locations, including:

  • Australia

  • Brazil

  • Canada

  • Iceland

  • Mexico

  • Peru

  • Slovakia

  • Tanzania

  • USA

  • United Kingdom

Natural cat’s eye opalite primarily comes from Africa, specifically Ethiopia and Tanzania. Although Ethiopian cat’s eye opalite is slightly different in color, with silver and pink undertones.

Thinking of buying opalite? Let’s discuss what to expect price-wise.

natural opalite rough slab

Opalite Value

First, we’ll discuss opalite value for natural stones. Natural opalite stones may change in price based on the stone’s source. 

At wholesale prices, Welo opalite gemstones are typically between $8-$20 per carat, though some reach $65 per carat. Ethiopian opalite stones are more affordable, usually $0.60-$1 per carat. Of course, these prices assume the opalite isn’t a cat’s-eye opalite.

Cat’s-eye opalite gemstones are slightly pricier than Ethiopian opalite but still affordable, between $1-$4 per carat.

Synthetic opalite is typically sold by type, not per carat. Tumbled stones are usually $1 to $3. Items with more craftsmanship required, like an opalite necklace or opalite point, can be anywhere from $2-$25, depending on size and other elements included (chains, clasps, etc.)

To get your money’s worth and make your opalite stone last, you’ll want to know how to clean opalite.

Cleaning & Caring for Your Opalite 

Both natural and man-made opalite are easy to care for. To clean either stone, use some warm, soapy water and a soft brush (like a toothbrush) to gently scrub dirt and debris away. Your opalite will get its glimmering iridescence back in no time!

However, if your natural opalite is a doublet or triplet, it’s best to avoid hot water, oils, and soaps. For these, stick to wiping the surface with a soft cloth.

natural opalite

Planning to use your stone for healing? You’ll need to know how to cleanse opalite, too.

You can cleanse your stone through various methods, but we recommend using sunlight. Leave the stone under sunlight for 30 minutes to an hour, and any negative energies inside your opalite will dissipate.

We recommend cleansing opalite at least once a month or more, depending on how often you use it. Just be sure to face a different side of the stone toward the sun each time you cleanse it to prevent color fading.

See the Light with Opalite!

That’s a wrap on all the information you need to know about opalite gemstones! Now that you know all the science and symbolism behind natural and man-made opalite, you can see why each stone has become increasingly popular over time. Opalites are a fun, inexpensive choice if you’re looking for a different type of opal.

So, if you’re looking for a more affordable alternative to opal or an earthy boho gemstone to add to your wardrobe, opalite is a perfect choice to add that shiny, colorful opalescence we all know and love!

Shop for Opalites!

オパライトジェムストーンオパールについて読むのが好きなら、「オパール」という用語に出くわして、「オパールとオパールの違いは何ですか?」と疑問に思ったことがあるかもしれません。

オパールは母なる地球によって作られていますが、人工オパールはオパールの模造品としての使用にちなんで名付けられたガラス樹脂の一種です。貴重なオパールと混同しないように、両方のタイプのオパールジェムストーンは、ファインオパールジェムの手頃な代替品を提供します。

オパライトは自然に見つかりますか?はい、でもそれは貴重なオパールとは違う石です。貴重なオパールが有名なのと同じ火と色の遊びは見られません。しかし、これらの宝石は手頃な価格と美しさで提供するものがたくさんあるので、まだオパライトを除外しないでください!

オパールとは、人工オパールだけでなく、一般的なオパールの一種も指します。ナチュラルopaliteは人災ではなく、むしろ重く、多くの場合、含まれています天然に存在する緑や紫のオパールは示しキャッツアイ効果(としても知られている「猫の目効果を。」)

詳細を学ぶ準備はできましたか?それを手に入れよう!

オパライトとは何ですか?

合成オパライトと天然オパライトについては少し混乱しているので、ここで記録を打ち立てます。人工オパライトは半透明から乳白色の石で、通常は乳白色のガラスでできていますが、プラスチックや樹脂でできていることもあります。石はまた、ガラスオパール、アルゴノン、またはシーオパールを通ります。貿易では、「人工」の代わりに「合成」、「シミュレート」、または「模倣」という用語が使用される場合があります。

このガイドでは、「合成オパール」は化学組成の異なる石を指すため、 「合成オパール」を使用して人工オパールを指します。

一見すると、合成オパライトは無色または白色に見えます。石が暗い背景に当たると、淡い青色が現れます。明るい背景に置くと、白いボディトーンと微妙な桃色の輝きが見られます。

それは一般的なオパールの一種であるため、天然オパールは同じ組成を持っています:シリカと水。水和シリカは小さな球のスタックで形成されます。天然のオパライトに猫の目があると、水和したシリカ球がピラミッド状に積み重なっていきます。

ナチュラルキャッツアイオパライト

オパライトvs.ムーンストーン

ムーンストーンは、カリウム、アルミニウム、シリカで構成される長石鉱物です。アモルファスオパールやオパールとは異なり、ムーンストーンは単斜晶系の結晶構造で形成されます。

ムーンストーンはオパールに似ているため、オパールは「オパールムーンストーン」として販売されることがよくあります。

ムーンストーンとオパライトをどのように区別できますか?

何よりもまず、人工オパライトはムーンストーンが自然に形成されるという点でムーンストーンとは異なります。 2つは同じようなスカイブルーの色合いときらめく光沢を共有しますが、ムーンストーンの内部には、オパライトの乳白色の内部にはない曇りのインクルージョンがあります。

天然オパライトは、色、硬度、宝石の種類がムーンストーンとは異なります。 オパライト硬度はモース硬度で5〜6.5であり、ムーンストーンよりわずかに低く、6〜6.5です。オパライトの組成はオパライトファミリーに分類され、ムーンストーンは長石に分類されます。

人工および天然のオパライト特性の完全な内訳を見てみましょう。

合成オパールに似た外観のペルーブルーオパール

オパライト仕様

  • 色:合成-無色から白、青または桃の色合い。ナチュラル-緑、ライラック、または紫と灰色、黒、または青みがかった黒の含有物

  • 結晶構造:両方-アモルファス

  • 硬度:合成-5;ナチュラル-5から6.5

  • 光沢:合成-ガラス質;ナチュラル-亜硝子体からワックス状

  • 透明度:合成-半透明から透明。ナチュラル-半透明から不透明

  • 屈折率:合成-1.50-1.52;ナチュラル-1.43-1.52

  • 密度:合成-2.6;ナチュラル-1.9-2.3

  • 胸の谷間:両方-なし

  • 骨折:合成-貝殻状;ナチュラル-貝殻状から不均一

  • キャッツアイ効果:いくつかの自然なオパライトに存在する

オパライトの背後にある科学は比較的最近のものであり、石の歴史において重要な役割を果たしています。

オパールの歴史

自然なオパールの歴史は、すべてのオパールの歴史が始まるところから始まります:数百万年前。オパライトは、私たちが知っていることから、約2000万年前に形成され始めました。最も古いオパールの遺物はケニアで発見され、紀元前4000年頃にさかのぼります。

「オパール」という用語は、1945年に最初に文献に登場しました。宝石学者および地質学者向けの用語集では、「オパール」を一般的なオパールの同義語として定義しています。参考までに、一般的なオパールは、色の遊びを表示しないオパールです

1972年、フランスの化学者ピエールギルソンは、最初の合成オパールの作成に成功したときにオパールの歴史を作り、2年後に彼の作品を販売しました。ギルソンは、オーストラリアの科学者PJダラーグとJVサンダースによって行われたオパールの内部構造に関する1960年代の研究に依存していました。

ギルソンが最初に合成オパールを販売したとき、彼はそれを「ギルソン合成オパール」と名付けました。 1980年、ギルソンは彼のデザインといくつかの機器を、石を作り始めた日本の会社に売りました。合成オパールがより大きな市場を見つけるにつれて、オパールは合成オパールの新しい用語になりました。

ギルソンの合成オパールは人工のオパールではないことに注意してください。ギルソンの石はシリカで構成されていますが、合成オパライトはガラスまたはプラスチック材料で構成されています。しかし、ギルソンの革新は、合成オパライトの人気の高まりへの道を開きました。

今日、合成オパライトは、癒しのための装飾品または転落石としてよく使用されます。その点で、オパライトの治癒特性とは何ですか?

オパールの象徴性と癒しの特性

オパライトの治癒特性を理解するには、まず、オパライトの意味を知る必要があります。

一般的に、オパライトは明快さ、新たなスタート、そして静けさを象徴しています。合成オパライトの涼しげな青い色合いは澄んだ空に似ており、楽観主義と展望を表しています。

オパライトは、水要素の下の星座を表します:かに座、さそり座、うお座。そのなだめるような気分を高める特性のような精神的なオパライトの利点は、いくつかの余分なリラクゼーションを必要とするかもしれない敏感な水の兆候に最適です。

10月に生まれた蠍座は、オパールが10月の誕生石であるオパールよりも手頃な価格の代替品として機能するため、2倍になります。

ナチュラルオパライトペンダント

物理的な癒しの観点から、オパライトストーンは何に適していますか?

物理的に、オパライトは循環器系と呼吸器系のバランスをとるのに役立ちます。この石は、不眠症や悪夢に苦しんでいる人たちを助けると言われています。

感情的な癒しのために、オパライトは悲しみや悲しみを軽減し、不安な考えを落ち着かせることが知られています。多くのエネルギーヒーラーは、自尊心を高め、他者とのつながりを強化するためにオパライトを使用することを奨励しています。

一部のスピリチュアルプラクティショナーは、神秘的なコミュニケーションにあなたを開放するという石の評判のために、有名な魔術師にちなんでオパライトを「メラナイト」と呼んでいます。オパライトはあなたの直感を高め、あなたに知恵を与える精神領域からのビジョンやメッセージにあなたの心を開きます。

オパライトはどのチャクラに適していますか?

オパライトチャクラヒーリングは、宇宙とその中の自分の位置をより深く理解するサードアイチャクラに最適です。

サードアイチャクラがブロックされているとき、あなたは主張せず、落ち着きがないように感じるかもしれません。オパライトを使ってチャクラを開くと、より深い洞察と受容を感じるかもしれません。

オパライトの価値についての洞察を得たいですか?記入します!

オパライトの品質要因

オパライトジュエリーや石を選ぶとき、宝石の価値に何が入るかを知ることはあなたがあなたの購入について自信を持って感じるのを助けることができます。合成および天然のオパライトジェムストーンの価値は、色、透明度、カットなど、いくつかの要因によって異なります。

  • 天然オパライト:石の原色は通常、苔むした緑、ラベンダー、または紫です。暗い含有物は、黒、灰色、または青みがかった黒であり、静脈または樹枝状のパターンとして表示されます。

  • 合成オパライト:前述のように、合成オパライトの色はさまざまな背景に基づいて変化します。白い背景に対して水色ですが、石は暗い背景に対してピーチピンクまたはオレンジになります。

明快さ

  • 天然オパライト:天然オパライトが多く含まれているため、透明度のグレードは、他の宝石の場合ほどオパライトの価値にとって重要ではありません。ただし、半透明の標本は、不透明な標本よりもわずかに高い価格になる可能性があります。

  • 合成オパライト:ほとんどの合成オパライト石には内部の欠陥がなく、非常に透明度が高くなっています。欠陥が存在する場合、それらは通常、ガラスオパライトの気泡として現れ、石の価値を低下させます。

切る

  • 天然オパライト:天然オパライト石は、楕円形や長方形など、 さまざまなカボションの形にカットされることがよくあります。転落した石や生のオパライトスラブが一般的です。オパールのカボションは、ジュエリーの設定にも配置できます。キャッツアイオパライトは指輪に人気があります。

  • 合成オパライト:これらの石は、ほとんどの場合、カボションまたはビーズとしてタンブルおよび/またはカットされます。

カットする前に、オパライトはどのように作られていますか?

ナチュラルオパライトリング

オパライトの形成と発生源

ほとんどの人工オパライトはガラスでできています。ガラスは、自然のオパールの火山の状態を最もよく再現するために、ドロマイトと金属で構成されていることがよくあります。

他のガラスと同様に、プロセスは原材料を液体に溶かし、次に混合物を冷却して固化させることから始まります。ドロマイトは、溶けた材料が粘性のある質感を維持し、石を傷から保護するため、オパライトガラスに最適です。

他のオパールと同じように、天然のオパールが形成されます。水は地下の割れ目や隙間に浸透し、途中でシリカ球を拾います。ほとんどの水が蒸発し、美しいオパライトが残ります。

シリカ球のサイズと近接性により、石は緑色になり、形成中に存在する鉱物(苔瑪瑙など)は暗い介在物の背後にあります。石がキャッツアイ効果を示すとき、シリカ球はピラミッド型になっています。

それで、あなたはどこでオパライトを見つけることができますか?

オパールの場所

合成オパライトの主な供給源は、オーストラリア、ニュージーランド、トルコ、および米国のアリゾナ州、ジョージア州、カリフォルニア州です。

天然オパライトは、次のような多くの場所で見つけることができます。

  • オーストラリア

  • ブラジル

  • カナダ

  • アイスランド

  • メキシコ

  • ペルー

  • スロバキア

  • タンザニア

  • 米国

  • イギリス

天然の猫の目のオパライトは、主にアフリカ、特にエチオピアとタンザニアから来ています。エチオピアの猫の目のオパライトは色がわずかに異なりますが、シルバーとピンクの色調があります。

オパライトの購入をお考えですか?価格的に何を期待するかについて話し合いましょう。

天然オパライトラフスラブ

オパライト値

まず、天然石のオパライト値について説明します。天然のオパライト石は、石の出所によって価格が変わる場合があります。

卸売価格では、 Weloオパライトジェムストーンは通常1カラットあたり8ドルから20ドルの間ですが、1カラットあたり65ドルに達するものもあります。エチオピアのオパライトストーンはより手頃な価格で、通常1カラットあたり0.60ドルから1ドルです。もちろん、これらの価格は、オパライトがキャッツアイオパライトではないことを前提としています。

キャッツアイオパライトジェムストーンは、エチオピアのオパライトよりもわずかに高価ですが、それでも手頃な価格で、1カラットあたり1ドルから4ドルの間です。

合成オパライトは通常、カラットごとではなく、種類ごとに販売されています。転落した石は通常1ドルから3ドルです。オパライトネックレスやオパライトポイントなど、より多くの職人技が必要なアイテムは、サイズや含まれるその他の要素(チェーン、クラスプなど)に応じて、2ドルから25ドルの範囲になります。

あなたのお金の価値を得て、あなたのオパライト石を長持ちさせるために、あなたはオパライトをきれいにする方法を知りたいでしょう。

オパライトのお手入れとお手入れ

天然オパライトと人工オパライトはどちらもお手入れが簡単です。どちらかの石をきれいにするには、温かい石鹸水と柔らかいブラシ(歯ブラシなど)を使用して、汚れや破片をそっとこすり落とします。あなたのオパライトはすぐにそのきらめく虹色を取り戻します!

ただし、天然のオパライトがダブレットまたはトリプレットの場合は、お湯、油、石鹸を避けるのが最善です。これらについては、柔らかい布で表面を拭くことに固執してください。

ナチュラルオパライト

あなたの石を癒しに使うことを計画していますか?オパライトをクレンジングする方法も知っておく必要があります。

石はいろいろな方法で洗うことができますが、日光の使用をお勧めします。石を日光の下に30分から1時間放置すると、オパライト内の負のエネルギーがすべて消散します。

使用頻度にもよりますが、少なくとも月に1回以上オパライトをクレンジングすることをお勧めします。色褪せを防ぐために、石を洗うたびに、石の反対側を太陽に向けてください。

オパライトで光を見てください!

これで、オパライトジェムストーンについて知っておく必要のあるすべての情報をまとめることができます。自然と人工のオパライトの背後にあるすべての科学と象徴性を理解したので、各石が時間の経過とともにますます人気になっている理由を理解できます。別の種類のオパールを探しているなら、オパールは楽しくて安価な選択肢です。

したがって、ワードローブに追加するオパールや素朴な自由奔放に生きる宝石のより手頃な代替品を探している場合、オパールは、私たち全員が知っていて愛している光沢のあるカラフルな乳白色を追加するのに最適です!

オパールを買う!

このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

Opal Encyclopedia検索

A-Z Of Opals

A-Z Of Opals

A complete list of your favourite Opal from all over the world
31記事
Did you know?

Did you know?

Check out our fascinating information and articles on all things amazing in the Opal world
41記事
How To's

How To's

All of your favourite Opal How To's
19記事
News

News

What's trending in the Opal Industry
41記事
Opal Auctions  Verified Sellers

Opal Auctions Verified Sellers

Opal Auctions sellers who are approved as opal Verified Sellers
4記事
Opal Information

Opal Information

Information about Opal and its colorful history
104記事
Opal Stories

Opal Stories

Feel like reading a yarn or two?
6記事
Technical Opal Information

Technical Opal Information

All there is to know about Opals including Black Opals, Ethiopian Opals & Boulder Opal
15記事
Testimonials

Testimonials

Feedback from our VIP customers
5記事