簡単
処理...
Dendritic Opals: History, Symbolism, Meanings & More!
樹枝状オパール:歴史、象徴、意味など!
このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

処理...

dendritic opalGem-lovers may come across the term “dendritic” in a few gemstone varieties. One such gemstone is dendritic opal, a type of opal with dark inclusions that form stunning fern-like patterns across the stone’s surface. 

Generally speaking, what is a dendritic gemstone?

Biologists know dendrites as the branching ends of nerve cells that communicate with other dendrites along synapses to pass messages through the body. Gemologists use the word “dendrites” to refer to tree-like markings on a gemstone or rock. When an opal or any gemstone displays tree-like inclusion patterns, gemologists call it a “dendritic” variety of that stone.

In the spiritual community, dendritic opals hold potent magical properties, often used for healing physical, emotional, and spiritual ailments.

Today, we’ll discuss dendritic opal meanings, history, and properties, both geological and spiritual. Let’s start on the geological side to see what exactly dendritic opal is.

dendritic opal with hole drilled

What Is A Dendritic Opal?

Dendritic opal is a form of common opal (showing no play-of-color) characterized by inclusions that display mossy or branch-like patterns. These inclusion patterns have also led to the alternate names “moss opal” or “mossy opal.” 

For reference, inclusions are any material that gets trapped in another mineral during the mineral’s formation. The most common dendritic inclusions in these opals are metallic oxides like manganese and iron.

Dendritic opal’s body tone is typically white or yellowish-brown with a milky, opalescent sheen and resinous luster. Its inclusions are dark, often black, dark green, or brown. The stone is typically opaque but sometimes translucent, or a combination of both.

Natural opalite, which has a mossy green body color and may show chatoyancy, can also contain dendritic inclusions in black, gray, or bluish-black. This variety is called dendritic opalite.

How is dendritic opal formed?

Dendritic opal formation occurs as it does with other opals. Groundwater picks up silica spheres and settles into pockets underground, gradually hardening into opal. 

However, the water-mineral solution that eventually forms dendritic opal also has manganese and/or iron minerals that form the stone’s inclusions as it hardens. Once dendritic opal has hardened, its raw form typically looks like a grape or kidney.  

Now you know the mineral side, but what about dendritic opal properties as a gemstone?

faceted dendritic opal

Dendritic Opal Gemstone Properties

Gemstone properties help gemologists and jewelers determine a gemstone’s value, so consumers know they’re paying the right price for the gem’s quality. Opals are one of the trickiest stones to value, 

The key dendritic opal properties for determining its opal value are its inclusion pattern and cut. 

Dendritic opal inclusions can form various patterns, and every pattern is unique. For instance, dendritic opals with inclusions resembling woodland landscapes have been dubbed “landscape opal.” 

Composed of up to 30 percent water, dendritic opals are “soft gems.” Soft gems are typically easier to cut and shape, but dendritic opal’s inclusions make this process trickier. Most often, you’ll see them cut as slices or cabochons

dendritic agate stone

Dendritic Opal vs. Dendritic Agate

When shopping for gemstones, you may see the similar-looking stone dendritic agate. What is the difference between dendritic agate and dendritic opal?

Dendritic agate and dendritic opal are both types of silicates with dark, tree-like inclusions, but the stones differ in a few key ways:

  • Mineral Family: Dendritic agate is a banded chalcedony variety, while dendritic opal is an opal variety.

  • Crystal Structure: Dendritic agate has a hexagonal crystal structure, but dendritic opal is amorphous (without a crystal structure).

  • Mineral Status: Agate is a mineral, while dendritic opal is a mineraloid. For reference, mineraloids are mineral-like but don’t have crystalline structures and show a wider range of chemical compositions than minerals do.

  • Hardness: Dendritic agate ranks at 7 on the Mohs mineral hardness scale, while dendritic opal ranks at 5.5 to 6, like most opals.

  • Locations: Most dendritic agate comes from Brazil, India, and Mexico. Dendritic opal mostly comes from Australia, Mexico, and the USA. 

Interestingly, dendritic opalite sometimes gets its inclusions from the presence of dendritic agate during its formation.

We know what factors affect its formation, but how has dendritic opal affected different societies over time?

dendritic opal bracelet

Dendritic Opal History & Sources

The term “dendrite” comes from the Ancient Greek dendritēs, meaning “tree-like,” derived from dendron, meaning “tree.” The word “opal” comes from either the Latin opallus, meaning “precious stone,” or the Ancient Greek opallios, meaning “to see a change in color.” 

The first official discovery of dendritic opal was in the 19th-century, when German geologist Johannes Menge discovered the first common opals in Australia circa 1849.

As miners uncovered vast Australian opal deposits, the stone’s reputation worldwide flourished. Royals and average citizens alike adorned themselves in the stone, leading to Australia’s current ranking as the world’s top opal producer.

Nowadays, where is dendritic opal found? And is dendritic opal rare?

Dendritic opal is a fairly abundant gemstone with mines all over the world, though most of these stones still come from Australia. Other prominent locales include Mexico and the USA, where miners in Virgin Valley, Nevada, produce some fluorescent dendritic opals that glow in vibrant green hues.

You can also find dendritic opal deposits in:

  • Austria

  • Brazil

  • Cuba

  • Guatemala

  • Honduras

  • Indonesia

  • Kazakhstan

  • Japan

  • Russia

  • Slovakia

  • Spain

  • Tanzania

Over time, gemstones often change names or collect new nicknames. In dendritic opal’s case, you’ll often see it tied to the name “merlinite.” 

Dendritic Opal vs. Merlinite

Is there a difference between merlinite and dendritic opal? Or is dendritic opal merlinite?

Merlinite is a nickname used in the crystal healing community for dendritic opal, though some use “merlinite” for dendritic agate, psilomelane, or indigo gabbro as well. Named after the legendary sorcerer Merlin, the name comes from the dendritic opal’s purported magical abilities. 

On that note, what should we know about Merlinite dendritic opal meaning?

dendritic opal with hole drilled

Dendritic Opal Meaning & Symbolism

If you were born in October, dendritic opal is an earthy variety of your traditional birthstone, the opal. Astrologically, the dendritic opal is a planetary stone for the sun, making it a lucky talisman for the zodiac sign Leo.

Historically, the dendritic opal spiritual meaning tied to magic and power. In the Middle Ages, people thought these stones held mystical energies, allowing whoever held one to see their truest self. Nobles would carry them as a status symbol, also believing the stone could help them stay in power.

Those who study or practice witchcraft believed dendritic opals could enhance their spells or powers, commonly keeping the opal with them or using it in rituals.

In modern spiritual circles, dendritic opals’ dark patterns, contrasting against their white surfaces, symbolize the balance of opposites — similar to yin and yang. Additionally, the patterns’ resemblance to nature represents one’s connection to Earth, boosting intuition and self-awareness.

Beyond its associations, what is dendritic opal good for?

dendritic agate ring

Dendritic Opal Healing Properties

With a nickname linked to one of history’s most legendary wizards, dendritic opal, or “merlinite,” is bound to carry some truly magical healing powers. 

On the physical side, dendritic opal supports the circulatory system and immune system. Many crystal healers also use it to cure dizziness, inflammation, and kidney issues. 

Emotionally, dendritic opal is commonly used for personal growth and stress reduction. The stone purportedly aids emotional health by shielding you from toxic forces or people, as well as instilling you with more empathy and patience. 

Spiritual healing is arguably the most popular of dendritic opal uses. The stone is said to increase spiritual awareness, bringing greater intuition and understanding of the universal forces at work. 

Often called a Shaman stone, dendritic opal is great for anyone exploring past lives, clairvoyance, or divine beings. When used in deep meditation, dendritic opal may allow a clearer vision of your past lives, giving you insight into your current spiritual path and purpose. 

For energy healing, what chakra is dendritic opal?

Dendritic Opal Chakra

Dendritic opal corresponds to the crown chakra. This chakra, located in a swirling halo of energy right above the head, is the seventh and highest chakra. It governs your connection and communication with the spiritual side of the universe, as well as abstract thought. 

Since the crown chakra governs the nervous system, where our biological dendrites are, it seems only fitting that the stone would balance it!

When the crown chakra is blocked, you may feel disillusioned, ungrounded, or resistant to new ideas. You can use dendritic opal to open the chakra again, awakening your consciousness to accept the wisdom of the universe.

dendritic opal cabochon

Branch Out With Dendritic Opal!

In the expansive world of opals, dendritic opal is an earthy variety that’s ideal for anyone seeking a gem as unique as they are. Available as cabochons, slices, rough specimens, and jewelry, dendritic opals can instantly elevate any room or outfit. 

Whether you’re accessorizing for a mystical aesthetic, could use some spiritual growth, or want to carry a soothing piece of nature with you, dendritic opal is the perfect gem for the job! 

Find one-of-a-kind dendritic opals today!

樹枝状オパール宝石愛好家は、いくつかの宝石の品種で「樹枝状」という用語に出くわすことがあります。そのような宝石の1つは樹枝状オパールです。これは、石の表面全体に見事なシダのようなパターンを形成する暗い含有物を持つオパールの一種です

一般的に言えば、樹枝状の宝石とは何ですか?

生物学者は、樹状突起を、シナプスに沿って他の樹状突起と通信して体にメッセージを渡す神経細胞の分岐端として知っています。宝石学者は、「樹状突起」という言葉を使用して、宝石や岩の上の木のようなマーキングを指します。オパールまたは宝石が木のような包含パターンを示す場合、宝石学者はそれをその石の「樹状」品種と呼びます。

精神的なコミュニティでは、樹枝状のオパールは強力な魔法の特性を保持しており、多くの場合、身体的、感情的、および精神的な病気を癒すために使用されます。

今日は、樹枝状のオパールの意味、歴史、そして地質学的および精神的な特性について説明します。地質学的側面から始めて、樹枝状オパールが正確に何であるかを見てみましょう。

ドリルで穴を開けた樹枝状オパール

樹枝状オパールとは何ですか?

樹枝状オパールは、苔むしたまたは枝のようなパターンを示す含有物を特徴とする一般的なオパール色の遊びを示さない)の一種です。これらの包含パターンは、別名「モスオパール」または「コケオパール」にもつながっています。

参考までに、介在物とは、鉱物の形成中に別の鉱物に閉じ込められる物質のことです。これらのオパールに含まれる最も一般的な樹枝状の含有物は、マンガンや鉄などの金属酸化物です。

樹枝状オパールのボディトーンは、通常、白または黄褐色で、乳白色の乳白色の光沢と樹脂のような光沢があります。その含有物は暗く、多くの場合黒、濃い緑、または茶色です。石は通常不透明ですが、半透明の場合もありますが、両方の組み合わせです。

苔むした緑色のボディカラーを持ち、キャッツアイ効果を示す可能性のある天然オパライトには、黒、灰色、または青みがかった黒の樹枝状の含有物を含めることもできます。この品種は樹枝状オパライトと呼ばれます。

樹枝状オパールはどのように形成されますか?

樹枝状オパールの形成は、他のオパールと同じように起こります。地下水はシリカ球を拾い上げ、地下のポケットに落ち着き、徐々に硬化してオパールになります。

ただし、最終的に樹枝状オパールを形成する水ミネラル溶液には、マンガンおよび/または鉄のミネラルが含まれており、硬化するにつれて石の含有物を形成します。樹枝状オパールが硬化すると、その生の形は通常、ブドウや腎臓のように見えます。

今、あなたはミネラルの側面を知っていますが、宝石としての樹枝状のオパールの特性はどうですか?

ファセット樹枝状オパール

樹枝状オパールの宝石の特性

宝石の特性は、宝石学者や宝石商が宝石の価値を判断するのに役立ちます。そのため、消費者は、宝石の品質に対して適切な価格を支払っていることを知っています。オパールは価値のある最もトリッキーな石の1つです。

オパールの価値を決定するための重要な樹枝状オパールの特性は、その包含パターンとカットです。

樹枝状オパールの含有物はさまざまなパターンを形成する可能性があり、すべてのパターンがユニークです。たとえば、森林の風景に似た含有物を含む樹枝状オパールは、「風景オパール」と呼ばれています。

最大30%の水で構成される樹枝状オパールは、「柔らかい宝石」です。柔らかい宝石は通常、カットと成形が簡単ですが、樹枝状のオパールが含まれているため、このプロセスは難しくなります。ほとんどの場合、それらはスライスまたはカボションとしてカットされているのがわかります。

樹枝状瑪瑙石

樹枝状オパール対樹枝状瑪瑙

宝石を買うとき、あなたは似たような石の樹枝状の瑪瑙を見るかもしれません。樹枝状瑪瑙と樹枝状オパールの違いは何ですか?

樹枝状瑪瑙と樹枝状オパールはどちらも暗い木のような含有物を持つケイ酸塩のタイプですが、石はいくつかの重要な点で異なります。

  • ミネラルファミリー:樹枝状瑪瑙は縞模様の玉髄品種であり、樹枝状オパールはオパール品種です。

  • 結晶構造:樹枝状瑪瑙は六角形の結晶構造を持っていますが、樹枝状オパールはアモルファスです(結晶構造なし)。

  • ミネラルステータス:瑪瑙はミネラルですが、樹枝状オパールは準 鉱物です。参考までに、準鉱物は鉱物に似ていますが、結晶構造を持たず、鉱物よりも幅広い化学組成を示します。

  • 硬度:樹枝状瑪瑙はモース硬度スケールで7にランク付けされていますが、樹枝状オパールはほとんどのオパールと同様に5.5〜6にランク付けされています。

  • 場所:ほとんどの樹枝状瑪瑙はブラジル、インド、メキシコから来ています。樹枝状オパールは主にオーストラリア、メキシコ、アメリカから来ています。

興味深いことに、樹枝状オパライトは、その形成中に樹枝状瑪瑙の存在からその含有物を得ることがあります。

どのような要因がその形成に影響を与えるかはわかっていますが、樹枝状オパールは時間の経過とともにさまざまな社会にどのように影響を与えてきましたか?

樹枝状オパールブレスレット

樹枝状オパールの歴史と情報源

「樹状突起」という用語は、「樹状突起」を意味する樹状突起に由来する「樹状突起」意味する古代ギリシャ語の樹状突起に由来します。 「オパール」という言葉は、「宝石」を意味するラテン語のオパール、または「色の変化を見る」ことを意味する古代ギリシャ語のオパールのいずれかに由来します。

樹枝状オパールの最初の公式発見は19世紀に、ドイツの地質学者ヨハンメンゲが1849年頃にオーストラリアで最初の一般的なオパールを発見したときでした。

鉱夫がオーストラリアの広大なオパール鉱床を発見したとき、石の評判は世界中で栄えました。王族と平均的な市民は同様に石で身を飾り、世界のトップオパール生産者としてオーストラリアの現在のランキングにつながりました。

今日、樹枝状オパールはどこにありますか?そして樹枝状オパールは珍しいですか?

樹枝状オパールは、世界中に鉱山があるかなり豊富な宝石ですが、これらの石のほとんどはまだオーストラリアから来ています。他の著名な場所には、ネバダ州ヴァージンバレーの鉱山労働者が鮮やかな緑の色合いで輝くいくつかの蛍光樹枝状オパールを生産するメキシコと米国が含まれます。

また、樹枝状のオパールの堆積物は次の場所にあります。

  • オーストリア

  • ブラジル

  • キューバ

  • グアテマラ

  • ホンジュラス

  • インドネシア

  • カザフスタン

  • 日本

  • ロシア

  • スロバキア

  • スペイン

  • タンザニア

時間の経過とともに、宝石は名前を変更したり、新しいニックネームを収集したりすることがよくあります。樹枝状オパールの場合、「メルリナイト」という名前に結び付けられていることがよくあります。

樹枝状オパール対メルリナイト

マーリナイトと樹枝状オパールに違いはありますか?それとも樹枝状のオパールメルリナイトですか?

メルリナイトは、樹枝状オパールのクリスタルヒーリングコミュニティで使用されるニックネームですが、樹枝状瑪瑙、サイロメラン、またはインディゴ斑れい岩にも「メルリナイト」を使用するものもあります。伝説の魔術師マーリンにちなんで名付けられたこの名前は、樹枝状のオパールの魔法の能力に由来しています。

その点で、マーリナイト樹枝状オパールの意味について何を知っておくべきですか?

ドリルで穴を開けた樹枝状オパール

樹枝状オパールの意味と象徴性

あなたが10月に生まれた場合、樹枝状オパールはあなたの伝統的な誕生石であるオパールの素朴な品種です。占星術的には、樹枝状のオパールは太陽の惑星の石であり、星座のしし座の幸運のお守りになっています。

歴史的に、樹枝状のオパールの精神的な意味は魔法と力に結びついています。中世では、人々はこれらの石が神秘的なエネルギーを持っていると考えていました。そして、それを持っている人は誰でも彼らの本当の自分を見ることができました。貴族はステータスシンボルとしてそれらを運び、石が彼らが権力を維持するのを助けることができると信じていました。

魔術を研究または実践する人々は、樹枝状のオパールが彼らの呪文や力を強化し、一般的にオパールを彼らと一緒に保つか、儀式でそれを使用することができると信じていました。

現代のスピリチュアルサークルでは、樹枝状のオパールの暗いパターンは、白い表面とは対照的に、陰と陽のように反対のバランスを象徴しています。さらに、パターンが自然に似ていることは、地球とのつながりを表しており、直感と自己認識を高めます。

その関連性を超えて、樹枝状オパールは何に適していますか?

樹枝状瑪瑙リング

樹枝状オパールの治癒特性

歴史上最も伝説的な魔法使いの1つにリンクされたニックネームで、樹枝状のオパール、または「マーリナイト」は、いくつかの本当に魔法の癒しの力を運ぶに違いありません。

物理的な面では、樹枝状オパールは循環器系と免疫系をサポートしています。多くのクリスタルヒーラーは、めまい、炎症、腎臓の問題を治療するためにもそれを使用しています。

感情的には、樹枝状オパールは一般的に個人の成長とストレスの軽減に使用されます。石は、有毒な力や人々からあなたを保護し、より多くの共感と忍耐をあなたに植え付けることによって、感情的な健康を助けると言われています。

精神的な癒しは、間違いなく樹枝状のオパールの用途の中で最も人気があります。石は精神的な意識を高め、働く普遍的な力のより大きな直感と理解をもたらすと言われています。

しばしばシャーマンストーンと呼ばれる樹枝状オパールは、過去の生活、透視、または神聖な存在を探索する人に最適です。深い瞑想で使用される場合、樹枝状オパールはあなたの過去の人生のより明確なビジョンを可能にし、あなたの現在の精神的な道と目的への洞察を与えるかもしれません。

エネルギーヒーリングの場合、樹枝状オパールとはどのチャクラですか?

樹枝状オパールチャクラ

樹枝状オパールはクラウンチャクラに対応します。頭の真上に渦巻くエネルギーの輪の中にあるこのチャクラは、7番目で最も高いチャクラです。それはあなたの宇宙の精神的な側面とのつながりとコミュニケーション、そして抽象的な思考を支配します。

クラウンチャクラは私たちの生物学的樹状突起がある神経系を支配しているので、石がそれのバランスをとるのはぴったりのようです!

クラウンチャクラがブロックされると、幻滅したり、根拠がなくなったり、新しいアイデアに抵抗したりすることがあります。樹枝状のオパールを使ってチャクラを再び開き、宇宙の知恵を受け入れる意識を目覚めさせることができます。

樹枝状オパールカボション

樹枝状オパールで分岐!

広大なオパールの世界では、樹枝状オパールは素朴な品種であり、ユニークな宝石を探している人にとって理想的です。カボション、スライス、ラフ標本ジュエリーとして利用できる樹枝状オパールは、部屋や衣装を瞬時に持ち上げることができます。

あなたが神秘的な美学のためにアクセサリーを付けているか、精神的な成長を使うことができるか、またはあなたと一緒に落ち着いた自然の一部を運びたいかどうかにかかわらず、樹枝状オパールは仕事のための完璧な宝石です!

今日、他に類を見ない樹枝状オパールを見つけましょう!

このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

Opal Encyclopedia検索

A-Z Of Opals

A-Z Of Opals

A complete list of your favourite Opal from all over the world
31記事
Did you know?

Did you know?

Check out our fascinating information and articles on all things amazing in the Opal world
41記事
How To's

How To's

All of your favourite Opal How To's
20記事
News

News

What's trending in the Opal Industry
41記事
Opal Auctions  Verified Sellers

Opal Auctions Verified Sellers

Opal Auctions sellers who are approved as opal Verified Sellers
4記事
Opal Information

Opal Information

Information about Opal and its colorful history
103記事
Opal Stories

Opal Stories

Feel like reading a yarn or two?
6記事
Technical Opal Information

Technical Opal Information

All there is to know about Opals including Black Opals, Ethiopian Opals & Boulder Opal
15記事
Testimonials

Testimonials

Feedback from our VIP customers
5記事