簡単
処理...
How To Cut And Polish Boulder Opal
ボルダーオパールをカットして磨く方法
このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

処理...

how to cut and polish boulder opalIn this guide we will show you some top tricks to cutting Australian Boulder Opal. Boulder opal is opal that has a hard backing made of Ironstone with precious opal. The precious opal can be a thin layer on top of the Ironstone or it can be intertwined within the Ironstone.

Australian boulder opal from Queensland is a fascinating stone. Cutting boulder opals is a challenge but the results are usually breathtaking because the material is so hard it is difficult to make a cutting mistake so this type of material is good for novice cutters as well as experienced cutters.

Lets get stuck into a basic overview on how to cut and polish boulder opal.

equipment to cut and polish boulder opal

Equipment you Will Need:

  • Dop sticks
  • Dop wax or strong glue
  • Trim saw with thin
  • Blade (with rim thickness approximately 0.02”)
  • Diamond grinding wheels 80, 220, 600, 1200, and 3000 grits
  • Cutting equipment
  • Rough leather
  • Polishing disk
  • Tin oxide polish
  • Lamp with 100-watt bulb
  • Safety glasses
  • Dust mask
  • Old work clothes
  • Water supply

Preparation of rough opal cutting and polishing

Preparation Of The Rough Material:

1. Hand Pick Your Opals

Pick out the days work of opals you wish to polish. It is more efficientto cut multiple stones atthe same time as you will only need toset-upthe machine once. Selecting boulder opal to work with is a skill in itself. Like working with any other rough material the more you know the better. Make sure that the ironstone around the opal is fairly strong and free from cracks. Some reasonably low-grade material is good to start with. You might not end up with a beautiful stone but you can develop your systematic skill enough that you will be capable of cutting that attractive stone in any way you want.

2. Study The Opal And Saw It Up

Look for the pattern of the ironstone to provide you some clues about the path in which the seam will run. When Opal occurs in ironstone, it has flat and straight parallel lines along the matrix. There is a better chance that the opal will track this line.If the rough is soaked in water let it dry first so you can see where the Opal is running. Check for cracks running across the stone and again look for any imperfections throughout the stone. If there are cracks running through the stone you can use the saw to split the opal down the crack. This will avoid any problems later on.

Most of the rough material you will buy has already been slabbed up so you can clearly see the Opal layer. If they material iscompletelyrough and you cannot easily see the Opal you will need to saw the stone to expose the Opal layer.

The saw blade should always be under water. Use plenty of water to keep the dust down and the Opal cool. Never cut dry as opal will heat quickly and crack.

cutting boulder opal

3. Use Coarse Cutting Wheel To Remove Material

Now is the fun part. You will need a set of old clothes because it’s going to get dirty. Now that you have a fair idea of the course in which the seam will run it is time to rub it down. Having a combination of 80 and 220 grit wheel can make rubbing down the Opal much easier. use the coarse grit wheel to remove material quickly. Try not to get too close to the line of opal. The layer of opal can be unpredictable so try and stay just above the layer.

Rub down the ironstone opal

4. Study And Familiarize Yourself With The Opal

Now it is time to familiarize the Opal. You must decide which surface is going to be the top. Base your judgement on the form and layer of the opal, the coloring, brightness, and width of the surrounding material.

Try to make sure that the material directly below the Opal is as dark as possible. This dark setting will create the colors of the opal to stand out. If there is a thin cover of dark potch between the row of Opal and the ironstone it will make the stone pop. You must try to cut the stone so that this black coating will give the backdrop for your stone.

This kind of stone is referred to as a black boulder and can be quite radiant. It is also important that the boulder opal consists of a solid base. If the ironstone on other surface of opal is too lean, it will not offer the strength that is needed for the bottom of your stone.

Familirsie yourself with the opal

5. Rub Away The Ironstone

Now that you know which way the opal will face use the 220 and 280 grit wheel. You must not come into contact with the opal once you decided to use the 220-grit wheel as it can rapidly eliminate quite a bit of the vibrant materials.

It is also advisable to use light pressure ranging from 220-grit wheel as you getting closer to the opal. You must keep on eliminating ironstone until you are just about to display opal in one part of the surface. Occasionally, before you reach the opal, you will even notice that the color of the ironstone will change.

exposed color bar in opal

6. Rub Down To Expose The Opal

Switch over to the 600-grit wheel in order to expose some opal. At this period, you are not trying to eliminate all of the ironstone from the surface. You can do it by going back and forth between the 600-grit wheel with medium pressure. Use light pressure on the 280-grit wheel. Once you establish how the layer of opal operates, you can stop working on the top.

Cutting and Polishing the Opal

Cutting And Polishing the Opal:

Polishing wheels start at 120 grit diamond than rubber wheels 400 grit / 600 grit / 1400 grit before final polish.

1. Dop The Opal

First we need to get the stone onto a dop stick. When the stone is on the dop stick it is easier to manoeuvre and shape. Use the 220-grit wheel and flatten its reverse side tone.  The two most common ways to dop an opal is with Glue or using wax.

opals on a dop stick

2. Glue

The base of the stone must clean and dry. Apply one or two drops of glue to the dop sticks. Pre-heat the opal by resting it on the border of the dop pot for not more than 30 seconds.

Use light pressure to push the opal into the dop stick. The glue will dry after about 30 minutes. opals on a dob stick ready to polish opal

3. Wax

If the reverse side of the opal is spongy and the glue does not work you may use wax as an alternative. Heat the Opal and drop melted wax onto the opal before applying it the dop sticks. You must make sure the dop sticks have a sufficient amount of melted wax on them.

2. Setup Your Watering System

This is the step where you can cut the opal. If you’re using a device that re-circulates its water such as the water that is sprayed up onto the wheels, you can dripped down into a pan, then forced from that pan and sprayed up onto the wheels once more. Change the water and make the pans dirt-free regularly.

water setup for cutting opal

3. Pre-Form - Make The Decisions

At this point you are require to make some significant decisions. Look at the general appearance of your stone, both the ironstone and opal. Their combination can be relatively beautiful.

Keep on eliminating ironstone with the 600-grit wheel. Think about keeping the stone moving. The 600-grit wheel can still reduce opal and create smooth spots and scrapes. You can do a lot of things during this stage of cutting. You are eliminating scratches from previous stages.

Then, eliminating ironstone from the surface, and building the surface and form of the stone is pleasing to the eye. Check your stone and observe what it shows you. You might require going back the 280-grit wheel and changing its form. Once you have eliminated the big scratches and are pleased with the look, go to the 1200-grit wheel.

Polishing the opal

4. FinalizeThe Shape And Expose The Opal

In this step, the 1200-grit wheel will eliminate almost all noticeable scratches. It will not do much to modify the form of your stone, but it can better its form. Use reasonable pressure and make sure the stone is continually moving.

Stop regularly and clean up your stone to verify the progress and ensure that the scratches are completely vanishing.

Once you have removed the noticeable scratches, shift to the 3000-grit wheel, or if you’re not using a 3000-grit wheel, begin to clean your stone. If your device consists of a 14,000-grit wheel, it is advisable not to cut boulder opal. This wheel begins often with scratches.

5. Final Polish

The next phase is the process of polishing. In order to make it shine, you can use tin oxide for cleaning the foam-backed rough leather pad. Just lightly soaked it with water through the use of a spray bottle and with the running device running and spinning pad.

Also, use a brush to apply a well-stirred combination of water and tin oxide onto the moist pad. From here, the water mixture as well as, the tin oxide must be thin enough so that it does not clomp, and has the uniformity of thin gravy.

lapsa polishing compound

Just keep the opals stirring by turning the dop stick between your fingers and by varying the position of the pad. Do not allow the opal to get too hot. Sometimes, the coarse leather pad can seize your stone and pull it out of your hands. This is usually because the pad has dried out or if the stone has a rough surface or even pointed edges.

Polishing boulder opal

6. A Note On Matrix Boulder opal

if you are decide to polish a matrix opal, you can pursue the same process. The opal usually polishes, but the ironstone matrix will be dry. A helpful method is to clean the opal as explained, and then permit the pad dry faintly. Use more force while you maintain the stone moving, so that you can sense the stone to get even warm.

Remember that you are cleaning the matrix, not the opal spots of your stone. Be careful while heating the stone along your polishing pad, which can develop the finish of the matrix, but be, reminded that too much heat can break the opal. This method needs a bit of practice, but the outcomes can be worth it.

7. Finish The Back Of The Stone

Lastly you can do the finishing of the back. When you are completed polishing take the stone from its dop stick. You can use light to standard pressure for roughly about 220-280 for your grit wheel in order to take out any residue of the doping matter.

You must keep the stone flat against the wheel, but turn it slightly so that scratches will be avoided on its back. At this point, select what you prefer for the specific size of the stone. When you arrived with the suitable thickness, apply the 220 or 280-grit for the wheel that can be help to minimize chipping when setting.

You can either think the opal completed, or get a more finished look by taking the back through the remaining chain of finer wheels. You must cut the back portion of stones by means of 1200 or 3000-grit wheels.

8. The Finished Product

After all of the opals have been cut and polished they can be sorted and graded.

finished opals

Boulder opals make great pendants. All that is needed is a drill press to create a hole in the tip of them. Thread through a leather strap and you have yourself a beautiful boulder Opal necklace.

marking holes for drilling

Handy tip from opal cutter

A Handy Tip From An Opal Cutter

Worried about turning your machine on and off with wet hands? Try and glue a dop stick to the power board switch. That way nothing wet ever comes in contact with electricity. Brilliant.

switch board with dop sticks

Shop For Boulder Rough

ボルダーオパールをカットして磨く方法このガイドでは、オーストラリアのボルダーオパールをカットするためのいくつかの優れたコツを紹介します。ボルダーオパールは貴重なオパールとIronstoneで作られたハードバッキングを持っているオパールです。貴重なオパールは、Ironstoneの上の薄い層にすることも、Ironstone内で絡み合わせることもできます。

クイーンズランド州のオーストラリア産ボルダーオパールは魅力的な石です。ボルダーオパールをカットするのは難しいですが、素材はとても硬いのでカットミスをするのは難しいので、結果は息をのむようです。

ボルダーオパールをカットして磨く方法についての基本的な概要に立ち往生することができます。

ボルダーオパールをカットして磨くための機器

あなたが必要とする機器:

  • ドップスティック
  • ドップワックスまたは強い接着剤
  • 細く見たトリム
  • ブレード(縁の厚さは約0.02インチ)
  • ダイヤモンド砥石80、220、600、1200、3000グリット
  • 切断装置
  • ラフレザー
  • 研磨ディスク
  • 酸化錫ポリッシュ
  • 100ワット電球付きランプ
  • 安全メガネ
  • 防塵マスク
  • 古い作業服
  • 水供給

ラフオパール切削・研磨の準備

粗い材料の準備:

1.手であなたのオパールを選ぶ

あなたが磨きたいオパールの日々の仕事を選びなさい。機械を一度セットアップするだけでよいので、複数の石を同時にカットする方が効率的です。使用するボルダーオパールを選択すること自体がスキルです。他の大まかな素材を使って作業するのと同じように、あなたはもっとよく知っている。オパールの周りの鉄鉱石がかなり強く、ひび割れがないことを確認してください。いくつかの合理的に低品位の材料から始めるのが良いです。あなたは美しい石で終わらないかもしれませんが、あなたはあなたが望む任意の方法であなたがその魅力的な石を切ることができるだろうというあなたの体系的な技術を十分に発達させることができます。

オパールを研究し、それを見た

継ぎ目が走る経路についての手がかりを提供するために、鉄のパターンを探してください。オパールが鉄鉱石で発生すると、マトリックスに沿って平らで直線的な平行線があります。オパールがこの線を追跡する可能性がより高くなります。ラフが水に浸されている場合は、オパールがどこで動いているかを確認できるように、最初に乾かしてください。石を横切って走っている亀裂をチェックして、そしてまた石の至る所で不完全さを探してください。石を貫通する亀裂がある場合は、鋸を使用してオパールを亀裂に分割することができます。これは後で問題を回避します。

あなたが買うであろう大まかな材料の大部分はすでにスラブ仕上げされているので、あなたは明らかにオパール層を見ることができます。それらの材料が完全に通り抜けていて、あなたがオパールを容易に見ることができない場合、あなたはオパール層を露出させるために石を見る必要があるでしょう。

のこ刃は常に水中にあるべきです。ほこりを少なくしてオパールを涼しくするために十分な水を使用してください。オパールは急速に加熱され亀裂するので絶対に乾かさないでください。

切断ボルダーオパール

3.粗い砥石を使って材料を取り除く

今が楽しいところです。汚れてしまうので、古い服が必要になります。縫い目が走るコースを正しく理解できたので、今度はそれをこすり落とします。 80と220のグリットホイールを組み合わせると、オパールをこすり落とすのがはるかに簡単になります。粗いグリットホイールを使って材料を素早く取り除きます。オパールのラインに近づきすぎないようにしてください。オパールの層は予測できないことがあるので、層の真上にとどまってみてください。

アイアンストーンオパールをこすり落とす

4.研究し、オパールに慣れる

さて、オパールをよく理解する時が来ました。どのサーフェスが一番上になるかを決める必要があります。オパールの形と層、色、明るさ、周囲の素材の幅に基づいて判断してください。

オパールの真下の素材ができるだけ暗くなるようにしてください。この暗い設定はオパールの色を際立たせます。オパールの列と鉄の石の間に暗いポーチの薄いカバーがあると、石がポップになります。この黒いコーティングがあなたの石の背景を与えるようにあなたは石を切ろうとしなければなりません。

この種の石は黒い玉石と呼ばれ、かなり輝くことができます。ボルダーオパールが硬い塩基で構成されていることも重要です。オパールの他の面の鉄の石が細すぎると、石の底に必要な強度が得られません。

オパールで自分を家族にする

5.アイアンストーンをこすり落とす

オパールがどちらの方向を向くかがわかったので、220と280グリットホイールを使います。 220グリットのホイールを使用することにした後は、オパールと接触しないようにしてください。非常に活気のある材料が急速に除去される可能性があります。

オパールに近づくにつれて、220グリットホイールからの軽い圧力を使用することをお勧めします。表面の一部にオパールを表示する直前まで、鉄鉱石を排除し続ける必要があります。時折、オパールにたどり着く前に、鉄の色が変わることに気づくでしょう。

オパールの露出カラーバー

6.オパールを露出させるためにこすり落とす

いくつかのオパールを露出するために600グリットホイールに切り替えます。現時点では、あなたは表面から全ての鉄石を除去しようとしているのではありません。あなたはそれを中程度の圧力で600グリットの車輪の間で行ったり来たりすることによってそれをすることができます。 280グリットのホイールに軽い圧力をかけます。オパールの層がどのように機能するかを確立したら、トップの作業をやめることができます。

オパールの切削と研磨

オパールを切って磨く:

研磨ホイールは、最終研磨前のゴムホイール400グリット/ 600グリット/ 1400グリットよりも120グリットのダイヤモンドで始まります。

1.オパールをドップ

まず石をドップスティックに乗せる必要があります。石がドップスティックの上にあるとき、それは操縦して形作ることがより簡単です。 220グリットのホイールを使い、その裏側のトーンを平らにします。オパールをドップする2つの最も一般的な方法は、接着剤を使用するか、ワックスを使用することです。

ドップスティックにオパール

接着剤

石の根元は清潔で乾燥している必要があります。ドップスティックに1〜2滴の接着剤を塗ります。オパールをドップポットの縁に置いて30秒以内で予熱する。

軽い圧力でオパールをドップスティックに押し込みます。接着剤は約30分後に乾燥します。 オパールを磨く準備ができているdobスティックのオパール

3.ワックス

オパールの裏側が海綿状で接着剤が機能しない場合は、代わりにワックスを使用することができます。それが適用される前にオパールを加熱し、溶融ワックスをオパールに滴下します。あなたはドップスティックがそれらに十分な量の溶けたワックスを持っていることを確認しなければなりません。

2.散水システムをセットアップする

これはあなたがオパールを切ることができるステップです。あなたが車輪の上に噴霧される水のようにその水を再循環させる装置を使っているならば、あなたは鍋に滴り落ちることができますそしてその鍋から強制されてもう一度車輪の上に噴霧される。水を交換し、鍋を定期的に汚れのない状態にします。

オパールを切断するための水の設定

3.プレフォーム - 決断を下す

この時点であなたはいくつかの重要な決定を下す必要があります。あなたの石の全体的な外観、鉄の石とオパールの両方を見てください。それらの組み合わせは比較的美しくなります。

600グリットのホイールを使って、アイアンストーンを排除し続けてください。石を動かし続けることについて考えてください。 600グリットのホイールはまだオパールを減らし、滑らかな斑点や擦り傷を作り出すことができます。あなたはこの切断段階の間にたくさんのことをすることができます。あなたは前の段階から傷を取り除いています。

それから、表面から鉄石を取り除き、表面と石の形を構築することは目には楽しいです。あなたの石をチェックして、それがあなたに何を示しているか観察してください。 280グリットのホイールを元に戻して形状を変える必要があるかもしれません。大きな傷を取り除いて外観に満足したら、1200グリットのホイールに進みます。

オパールを磨く

4.形を完成させ、オパールを露出させる

このステップで、1200グリットのホイールはほとんどすべての目立つ傷を取り除きます。あなたの石の形を変えることは大したことではありませんが、その形を良くすることができます。適度な圧力をかけて、石が絶えず動いていることを確認してください。

進行を確認し、傷が完全に消えていることを確認するために定期的に停止して石をきれいにしてください。

目立つ傷を取り除いたら、3000グリットホイールに移動するか、または3000グリットホイールを使用していない場合は、石のクリーニングを開始します。お使いのデバイスが14,000グリットのホイールで構成されている場合は、ボルダーオパールをカットしないことをお勧めします。この車輪はしばしば傷で始まります。

5.最後のポーランド語

次の段階は研磨のプロセスです。それを輝かせるために、あなたは泡で裏打ちされた粗い革パッドをきれいにするために酸化錫を使うことができます。スプレーボトルを使用し、ランニングデバイスを回転させてパッドを回転させながら、水で軽く浸してください。

また、湿ったパッドの上に水と酸化スズをよく混ぜ合わせたものをブラシで塗ります。ここから、水混合物ならびに酸化スズは、それが凝集しないように十分に薄くなければならず、そして薄いグレービーの均一性を有する。

ラプサ研磨剤

ちょうどあなたの指の間にドップスティックを回して、そしてパッドの位置を変えることによって、オパールをかき混ぜ続けてください。オパールが熱くなりすぎないようにしてください。時々、粗い革パッドはあなたの石をつかみ、あなたの手からそれを引き出すことができます。これは通常、パッドが乾いているか、石の表面が粗い場合や尖った縁がある場合もあります。

研磨ボルダーオパール

マトリックスボルダーオパールについて

あなたがマトリックスオパールを磨くことにしたならば、あなたは同じプロセスを追求することができます。オパールは通常磨きますが、鉄石のマトリックスは乾いています。説明されているようにオパールをきれいにし、それからパッドをかすかに乾くようにすることは有用な方法です。石を動かしている間はもっと力を入れて、石が暖かくなるように感じることができます。

あなたが石のオパールスポットではなく、マトリックスを掃除していることを思い出してください。研磨パッドに沿って石を加熱する際は注意してください。これにより、マトリックスの仕上がりが向上しますが、熱が高すぎるとオパールが壊れる可能性があります。この方法は少し練習が必要ですが、結果はそれだけの価値があります。

7.石の裏を仕上げる

最後にあなたは背中の仕上げをすることができます。あなたが磨きを終えたら、ドップスティックから石を取り除きます。あなたはグリットホイールのためにおよそ220-280のために標準的な圧力に光を使うことができます。

あなたは石に対して車輪に対して平らに保たなければなりません、しかし、それの後ろの傷が避けられるようにそれをわずかに回してください。ここで、あなたが石の特定のサイズのためにあなたが好むものを選んでください。適切な厚さになったら、ホイールに220または280グリットを塗ります。これは、設定時のチッピングを最小限に抑えるのに役立ちます。

あなたはオパールが完成したと思うことも、より細かいホイールの残りのチェーンを通して後ろを見ていくことによってより完成した外観を得ることもできます。あなたは1200または3000グリットの車輪を使って石の後ろの部分を切らなければなりません。

8.完成品

すべてのオパールが切り取られて磨かれた後に、それらは分類されて等級分けされることができます。

完成したオパール

ボルダーオパールは素晴らしいペンダントを作ります。必要なのはそれらの先端に穴を開けるためのドリルプレスです。革ストラップに通してください、そしてあなたはあなた自身に美しいボルダーオパールネックレスを持っています。

穴あけ用のマーキング穴

オパールカッターからの便利なチップ

オパールカッターから便利なヒント

濡れた手でマシンの電源を入れたり切ったりするのが心配ですか?ドップスティックをパワーボードスイッチに接着してみてください。このようにして、濡れたものが電気と接触することはありません。ブリリアント。

ドップスティックスイッチボード

ボルダーラフのお店

このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

21人々はこの記事が役に立ったと感じました

コメント

Marshall3929

Love this place.

2nd Mar 2021
Yannick

Tks so much ,very helpful ! I start with confidence !

21st Nov 2020

Opal Encyclopedia検索

A-Z Of Opals

A-Z Of Opals

A complete list of your favourite Opal from all over the world
31記事
Did you know?

Did you know?

Check out our fascinating information and articles on all things amazing in the Opal world
40記事
How To's

How To's

All of your favourite Opal How To's
18記事
News

News

What's trending in the Opal Industry
42記事
Opal Auctions  Verified Sellers

Opal Auctions Verified Sellers

Opal Auctions sellers who are approved as opal Verified Sellers
4記事
Opal Information

Opal Information

Information about Opal and its colorful history
104記事
Opal Stories

Opal Stories

Feel like reading a yarn or two?
6記事
Technical Opal Information

Technical Opal Information

All there is to know about Opals including Black Opals, Ethiopian Opals & Boulder Opal
15記事
Testimonials

Testimonials

Feedback from our VIP customers
5記事