簡単
処理...
The Opal Auctions Family Business Story
オパールオークションファミリービジネスストーリー
このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

処理...

“A family working together is unstoppable”

–Wayne Sedawie 2012 

Timeline of Events

iilybs1v4lkmidgf.jpg1986 – Paul Sedawie Begins an Opal Mining Venture at Four Mile Opal Fields

1992 – Branching Out with Opal Wholesaling

2003 – Pursuing E-Commerce and Planting the Seed for Opal Auctions

2006 – Tucson Gem Show: A Disaster Turned Success

2008 – Bringing in More Family

2020 – Thriving Through the Pandemic

1986, How it all started: Paul Sedawie Begins an Opal Mining Venture

Sometimes we set out on a course that inevitably takes a detour. And if you’re lucky, that detour leads to treasure. That’s exactly what happened to Paul Sedawie, who lived in Melbourne, Australia and had a strong desire to try his luck at gold mining. While Paul didn’t strike gold, a series of events led him toward something more beautiful than he could’ve ever imagined: opals. Not just opal stones, but opals that would build a family legacy and become a dominating enterprise in the gemstone industry.

In 1986, Paul had a dream to go gold mining, and in light of a recent divorce, he decided it was now or never. He began his journey north in search of gold and passed through the famous opal mining town at Lightning Ridge. However, his path was interrupted by massive floods, and he could not proceed. With his dreams of gold seeming out of reach, he opted to stay in the nearby town.

As luck would have it, he ran into his school buddy, Bob Young, who offered him a stay at his camp, and talked him into abandoning his gold pursuit to instead go opal mining at the famous Four Mile opal fields. However, the luck didn’t last long with their small jack hammer operation, that was, until he met another opal miner, Chris, and they joined forces to create an opal mining operation.

paul sedawieBeing born and bred in Lightning Ridge – the Opal capital of the world – Chris is a second-generation opal miner who knew the lay of the land and best opal mining methods.

Currently, Chris is a seller on Opal Auctions under the name “Opal Rush.” Years before Opal Auctions launched online in the early 2000s, Paul and Chris were in the opal fields in a quest to unearth the world-renowned Australian opals.

Paul was so enamoured with opal mining and the lifestyle that his yearning for gold quickly transformed into an opal obsession. But his love for opals started long before his opal mining days.

Paul can remember buying his first boulder opal at the young age of twelve. There in the dusty open country, he poured his entire focus into unearthing the famous opals that only the climate and geology of this arid region could produce.

Leaving the gold and jack hammer operation in the dust, Paul invested in a claim with a caravan and necessary equipment at the Four Mile opal field in Lightning ridge. Like all new pursuits, striking gold – or in this case, opals – takes time, persistence, and hard work. In the beginning, Paul and his colleagues would wake up early, have breakfast, and go straight down the hole to begin mining. After more than a solid week of digging, the team unearthed their first opal stone!

While it may not have been a fine-quality elusive black opal, that half carat stone was a beacon of success, offering Paul hope of what could come, which is why he still has that first opal as a keepsake.

One month later, they unearthed a large crystal opal. Overcome with excitement, they had anticipated getting $1,000 for the stone, but unfortunately, the specimen contained sand throughout, and it only sold for $100. Paul knew there would be a fair share of upsets and a huge learning curve, but he persisted. He knew that opal mining is extremely hard work and being in the hole every day gave him a healthy respect for the work miners do, and an understanding of how hard it is to find opals.

After nine hard months of mining in harsh conditions, Paul pivoted his efforts and started dealing in rough opal.

Meanwhile, Paul’s twin brother, Wayne, lived in Perth, Western Australia. In 1989, Wayne was recovering from an ankle injury, so Paul sent him some opals from his mine and a cutting machine.

“How do I cut opals?” Wayne asked. Paul’s reply? “Just use your common sense!”

Well, Wayne didn’t think he had any common sense to do the task, but nevertheless, he quickly found himself thoroughly enjoying cutting rough opals. Maybe it was natural intuition or persistence to learn the craft, but he learned as he went and found the process rewarding.

With the brothers both engrossed in the rough opal enterprise, in 1992, Wayne moved 4,000 kilometres to the Gold Coast, Queensland, with his wife, Estela, and their two boys, Jason and Mark in tow. New roots planted, they set up a cutting room at The Mark Building on Orchid Avenue in Surfers Paradise to begin building their company.

1992, Branching Out with Opal Wholesaling

In no time, the rough opal cutting enterprise was up and running. Paul would supply the rough opal to Wayne and Estela, who would get to work cutting 120 opals every day. Working in a rhythm, Wayne would rub down the rough opals and pass them over to Estela, who would shape and polish the opals on the dob sticks.

In the 90s, Surfers Paradise was full of Japanese tourist shops, so Paul would supply opals to the jewellery manufacturers in town.

After Estela had cut 1,000 opals, she went and sold the opals to the shops since she had accumulated a breadth of knowledge accompanied by cutting experience to appreciate the rare opal colors.

One day, Chris showed them a red on black opal that he was proud of, and Wayne said “it’s orange not red.” Chris’ own face flared red and wild, and since then, there has been an ongoing joke about how red (or orange!) an opal is.

Quickly, the family became opal wholesalers across Australia and New Zealand. The twin brothers accrued hundreds of wholesale accounts and they each began travelling and selling monthly. This is what first led Paul to the Tucson Gem Show in 2008, which we’ll elaborate on later.

The brothers discovered that some clients would buy more from one twin than another, so both would carry all their stock to accommodate each client’s needs. At the end of the month, they would balance who owed each other and settle up. Back then, the paperwork was complicated or at best ‘sloppy’, so it was difficult to get accurate sales. The twins played the guessing game many times, as thankfully, money wasn’t the issue, so it didn’t matter if one got paid as it would eventually all balance out.

Paul had established opal mining partnerships, so sometimes the split was 60-40, but the twins both thought they had the higher number of sales, and this became another ongoing family joke. But the family’s profitable opal business wasn’t solely motivated by money, but by the lifestyle and enjoyment that aligned closely with their family values. The brothers relied on a strong system of trust and transparency, and this became a vital component of their relationship and the family business. Because of this trust, business was easy and rewarding.

As the family expanded the operation, they employed Patrik in 2006 to help service the client base. Today, Patrik has his own site “Rolling Stone Opals” on Opal Auctions.

The business continued to expand and thrive, and along with hiring Patrik, opened an opal cutting factory in HCM, Vietnam, with a staff of workers cutting and polishing opals, while making silver and gold opal jewellery.

Business was great, and the family was selling silver opal jewellery to hundreds of shops across Australia. But unfortunately, the family’s success was cut short after five years, when Chinese sellers undercut their prices by half, and they couldn’t compete with these slashed prices.

Heading to Vietnam to close the factory, Wayne took samples of the Chinese silver jewellery they couldn’t compete against and showed it to the workers. To everyone’s shock, a Vietnamese jeweller cut the silver pendant in half, and exposed that the metal was actually a pewter in rhodium plating – not genuine silver! Can you believe it? Neither could Wayne! But of course, it all made sense in that moment that the Chinese sellers could only halve our prices because the jewellery wasn’t genuine silver.

What did we do next?

2003, Pursuing E-Commerce and Planting the Seed for Opal Auctions

Wayne attended the Las Vegas Gem Show in the US to sell opals but did not sell any because he quickly became distracted by talk of the internet and online business. A wonderful venture blossomed from this experience. At the show, there were seminars from eBay sharing information about the internet and the lucrative potential of e-commerce.

The events were so exciting that Wayne forgot to sell any opals, and instead spent his trip going from seminar to seminar and chatting with people full time to learn as much as he could.

One day, he went for coffee and all of the tables were full, so he sat next to a guy who was going around asking for close out stocks to purchase. Wayne had many chats and found out that this guy was buying stock for Bidz, an online jewellery company. The man suggested that Wayne and the family business should open an online opal site because selling online was the future.

At the seminars, Wayne also met a retired NASA scientist who shared with him many entertaining stories about how he used mathematical equations for everything. His position also included how much oxygen an astronaut requires when in space. He told stories about how they would monitor Russian spaceships and listen to the astronauts when they ran out of air and died. What did this have to do with selling opals online?

When Wayne visited the man’s home, his bathroom walls were full of mathematical equations, and he said that eBay’s formula wasn’t sustainable as the sheer volume of sellers could not make enough income.

Initially, Wayne wasn’t sure what he meant by eBay’s formula being unsustainable, because in those days, many businesspeople said eBay was for slaves only, and that only eBay will make money online, not the sellers. Looking at eBay today, you have to wonder if these businesspeople were correct?

These two men influenced Wayne to start Opal Auctions, and what he learned was that to compete, the business had to have a better system than eBay. How would we take a completely fresh approach that succeeded against the e-commerce giant that was eBay?

At Opal Auctions, we decided from the beginning that our Sellers must be verified with product knowledge, and that only approved professional laboratories would handle certificates.

estella sedawieWe started the Opal Sheriff and Verified program in 2005 to include authentic descriptions of every stone sold through our platform. eBay, on the other hand, didn’t roll out this type of system until October 2020, a whopping 15 years after we started ours!

In a winner takes all business environment, Wayne realized that our auction website needed to be more than just user-friendly to succeed; it needed trusted systems that prioritized time and information for buyers.

In 2003, he joined eBay and started selling but was hopeless at anything online, so his two teenage sons, Jason and Mark, helped set up eBay, email, and payment systems. Wayne realized that he’d have to venture away from eBay to make a profitable business. But how?

Remember that in 2003, the cost of a computer was $4,000, and a monthly internet plan (that was extremely slow in those days) was $500 per month. The computer was in Wayne’s son, Mark’s bedroom, and they had an uphill battle to work through all the bugs and tech issues. But like all business ventures, we all learnt a lot, and in 2004, we purchased a Spanish system for our online auctions and officially launched Opal Auctions in 2005.

As you can imagine, our start-up was anything but smooth and we had so many technical problems. For example, we built a video system in 2008 that cost us $15,000 just to make super basic videos filmed on a $3,000 camera. Fast forward to today and you can film superior video content on your mobile phones. But at the time, we had to work with the technology available, not knowing then that it would drastically improve over the coming years.

For the first five years, we lost a lot of money just trying to build the new online sites. But we all persisted because we believed in the potential of the online business when done right – for the users with transparent information and trusted buyer programs.

Once we got up and running and worked out all the kinks, we started to put the site out for sellers to join the platform. Our brother Paul and his partner Sally Patel were the first to join our online auction platform.

From there we continued to expand the family business. Both of Paul’s sons, Peter and Ross, are sellers and Sally Patel’s family of seven became individual sellers based in Australia and Tucson, Arizona, USA. We have always built our business around family values and that is what has remained constant through all of the shifts and turns in the evolution of Opal Auctions. The passion for opals is rooted not only in the family business, but our family history as well.

Ross cut his first Opal at 8 years old, and his son Hamish just carried on the family legacy by cutting his first opal at 8 years old, too.

What can we say, opals are in our blood! So, how did we get everyone else to jump onboard with Opal Auctions? We knew we needed to raise awareness about our company, so Wayne packed up once again for a trip, this time heading to the United States to attend the Tucson Gem Show in Arizona.

2006, Tucson Gem Show: A Disaster Turned Success

Wayne travelled with Patrik from Rollingstone Opals to launch Opal Auctions at the world-famous Tucson Gem Show in the US.

Upon arrival, things got off to a bleak start. They knew they had something special, but convincing others proved to be a difficult task. They were placed in a dead-end location at Days Inn, with little foot traffic. It was depressing, and the first client in a business suit told them that the internet was designed for war, and that Opal Auctions would never work.

The second client owned four shops in California and said that people would not buy opals online.
Finally, their third client saw some potential, and said they had a brilliant idea, amazing stock, and wished them the best of luck. They were happy to have some positive feedback… until they noticed that right after he left, their best rough black opal was missing! He had sweet talked them and stolen it right from under their noses.

What a disappointment! Making matters worse, they hadn’t filled out their forms for electricity for the show, so the bill was $1500 instead of $500.

Obviously, this was their last Gem Show in Tucson! Paul participated in Tucson shows for 20 years, but now, with online selling going so well, he’s stopped selling at Trade Shows.

The business started to pick up some momentum with the online auction site, but in those early days of e-commerce, technical difficulties were never far behind.

In 2007, the site crashed, and we lost most our buyers, as our Australian server could not handle requests. Around the same time, Steve joined us and taught himself computer coding. Today, he is our head coder and manages our massive server that can handle thousands of requests per minute, and he is forever building more improvements to our site.

2008, Bringing in More Family

By 2008, our system had greatly improved and was expanded to include more unique features. We had come a long way from our first system in 2004. In fact, we began a system called “Know Your Customer” before it was fashionable and status-quo for online business. With this program, all sellers had to be verified first, and our Opal Sheriff program and Item Watch program proved successful. Needless to say, Wayne was very fortunate and grateful to have met those two guys in Las Vegas who encouraged him to be more creative and push the envelope on his ideas.

In 2012, Paul’s sons officially joined our team.

Before joining the team, Ross was an engineer at Holden in Melbourne, Australia, and undertook a Gemmology course. He is now one of our gemmologists, as well as working with his wife Terese, who holds a double degree of IT and Accounting with years of experience with small business and the corporate sector. Together, they are an ideal team that handles the SEO, marketing, and improvement division. They have overseen many user-friendly aspects added to our platform.

ross sedawieterese sedawiePeter has been opal mining in Lightning Ridge for over 15 years. He is an accomplished and skilled opal cutter and is now our head cutter at Opal Auctions headquarter office where we cut around 4,000 opals per month. Peter took over his grandpa’s Opal Auctions selling site called “Anembo Opals.”

xvvwicrmm1l06pbj.jpgWe have been through many ups and downs since those early days when Paul started opal mining at the Four Miles opal fields, but nothing could have prepared us for what was to come in 2020.

2020, Thriving Through the Pandemic

The Coronavirus pandemic had a massive effect on our buyers and sellers worldwide. There are so many traditional buyers who did Trade Shows that stopped buying. However, these were replaced by people buying and starting their own online business selling on social sites.

wayne sedawieYou can never predict the impact a worldwide health crisis will have on the global economy, and we weren’t sure what to expect for our family business. Fortunately, due to the heightened activity in online selling, our sales leapt up around a 70% per month average from previous years.

In April 2021, Paul made the largest donation to date to the Australian Opal Centre at Lightning Ridge -- the largest and most diverse donation of rare opalised fossils and opal-related curiosities ever gifted to a public institution.

In June 2021, Opal Auctions won the Family Business award in Gold Coast, Australia where the head office is based.

Looking back at our family’s journey in the opal industry and e-commerce opal market, we have covered a lot of ground, physically and digitally! We have always believed that when a family comes together utilizing everyone’s talents, skills, gifts, and determination, while always putting family first, a business will be unstoppable.

It hasn’t always been easy, but we’ve stuck together through the ups and downs. Opals run through our veins and colour our lives, and we don’t plan on stopping any time soon!

Paul compiled online opal gallery of his most prized opals collected over the years, which you can view at the link below.

Click To Download The Ebook

「一緒に働く家族は止められない」

–ウェインセダウィー2012

イベントのタイムライン

iilybs1v4lkmidgf.jpg 1986 – PaulSedawieが4マイルのオパールフィールドでオパールマイニングベンチャーを開始

1992 –オパール卸売での分岐

2003年–電子商取引の追求とオパールオークションの種まき

2006年–ツーソンジェムショー:災害が成功に転じた

2008年–より多くの家族を連れてくる

2020年–パンデミックを乗り越えて繁栄

1986年、すべての始まり:PaulSedawieがオパールマイニングベンチャーを開始

必然的に迂回するコースに着手することもあります。そして運が良ければ、その回り道は宝物につながります。それはまさにオーストラリアのメルボルンに住んでいて、金の採掘で彼の運を試してみたいという強い願望を持っていたポール・セダウィーに起こったことです。パウロは金メダルを獲得しませんでしたが、一連の出来事により、彼は想像以上に美しいもの、つまりオパールに向かいました。オパール石だけでなく、家族の遺産を築き、宝石業界で支配的な企業になるオパール。

1986年に、ポールは金採掘に行くという夢を持っていました、そして最近の離婚を考慮して、彼はそれが今であるか、または決してないことを決定しました。彼は金を求めて北への旅を始め、ライトニングリッジの有名なオパール鉱山の町を通り抜けました。しかし、彼の進路は大洪水によって中断され、彼は進むことができませんでした。金の夢は手の届かないところにあるように見えたので、彼は近くの町にとどまることにしました。

運が良かったので、彼は学校の友達であるボブ・ヤングに出くわしました。ボブ・ヤングは彼にキャンプでの滞在を申し出て、代わりに有名なフォーマイルオパール畑でオパール採掘に行くために彼の金の追求を放棄するように彼に話しました。しかし、運は彼らの小さな削岩機の操作で長くは続かなかった。つまり、彼が別のオパール鉱山労働者であるクリスに会い、彼らが力を合わせてオパール採掘作業を作成するまでだった。

ポール・セダウィー世界のオパールの首都であるライトニングリッジで生まれ育ったクリスは、土地の産地と最高のオパール採掘方法を知っていた第2世代のオパール鉱山労働者です。

現在、クリスは「オパールラッシュ」という名前でオパールオークションの売り手です。 2000年代初頭にオンラインでオパールオークションが開始される数年前、ポールとクリスは世界的に有名なオーストラリアのオパールを発掘するためにオパールの分野にいました。

ポールはオパールの採掘とライフスタイルに夢中になり、金への憧れはすぐにオパールへの執着に変わりました。しかし、彼のオパールへの愛情は、オパール採掘の時代よりずっと前に始まりました。

パウロは12歳の若さで最初のボルダーオパールを購入したことを覚えています。ほこりっぽい開放的な国で、彼はこの乾燥地域の気候と地質だけが作り出すことができる有名なオパールを発掘することに全力を注いだ。

金と削岩機の操作をほこりの中に残して、ポールはライトニングリッジのフォーマイルオパールフィールドでキャラバンと必要な機器を使ってクレームに投資しました。すべての新しい追求のように、印象的な金、またはこの場合はオパールは、時間、粘り強さ、そしてハードワークを要します。最初は、ポールと彼の同僚は早く起きて朝食をとり、穴をまっすぐ下って採掘を始めました。しっかりとした1週間以上の掘削の後、チームは最初のオパール石を発掘しました。

上質でとらえどころのないブラックオパールではなかったかもしれませんが、その半カラットの石は成功の光であり、ポールに何が起こるかという希望を与えました。そのため、彼はまだ最初のオパールを記念品として持っています。

1か月後、彼らは大きなクリスタルオパールを発掘しました。興奮を乗り越えて、彼らは石のために1,000ドルを手に入れることを期待していました、しかし残念なことに、標本は全体に砂を含み、そしてそれは100ドルでしか売れませんでした。ポールは、かなりの混乱と大きな学習曲線があることを知っていましたが、彼は固執しました。彼は、オパールの採掘が非常に大変な作業であることを知っており、毎日穴にいることで、鉱山労働者が行う作業に健康的な敬意を払い、オパールを見つけるのがどれほど難しいかを理解しました。

過酷な条件での9か月にわたる厳しい採掘の後、ポールは努力を振り返り、荒いオパールを扱い始めました。

一方、ポールの双子の兄弟であるウェインは、西オーストラリア州のパースに住んでいました。 1989年、ウェインは足首の負傷から回復していたので、ポールは彼に鉱山と切断機からオパールを送った。

「どうすればオパールを切ることができますか?」ウェインは尋ねた。ポールの返事? 「常識を働かせてください!」

まあ、ウェインは自分がその仕事をする常識があるとは思っていませんでしたが、それにもかかわらず、彼はすぐにラフなオパールを切ることを完全に楽しんでいることに気づきました。クラフトを学ぶのは自然な直感や粘り強さだったのかもしれませんが、彼は行くにつれて学び、そのプロセスにやりがいを感じました。

兄弟が両方とも大まかなオパール事業に夢中になっている状態で、1992年にウェインは妻のエステラと2人の男の子のジェイソンとマークを牽引してクイーンズランド州ゴールドコーストに4,000キロ移動しました。新しい根が植えられ、彼らはサーファーズパラダイスのオーキッドアベニューにあるマークビルにカッティングルームを設置し、会社の設立を開始しました。

1992年、オパール卸売で分岐

あっという間に、大まかなオパール切断企業が稼働し始めました。ポールはウェインとエステラにラフオパールを供給しました。ウェインとエステラは毎日120オパールをカットする作業に取り掛かりました。ウェインはリズムに合わせて、ラフなオパールをこすり落とし、エステラに渡します。エステラは、ドブスティックでオパールを形作り、磨きます。

90年代、サーファーズパラダイスは日本の観光店でいっぱいだったので、ポールは町のジュエリーメーカーにオパールを供給していました。

エステラは1,000個のオパールをカットした後、珍しいオパールの色を鑑賞するためのカットの経験を伴う幅広い知識を蓄積していたので、オパールを店に売りに行きました。

ある日、クリスは自分が誇りに思っている黒オパールに赤を見せ、ウェインは「赤ではなくオレンジだ」と言った。クリス自身の顔は赤くてワイルドにフレアし、それ以来、オパールがどれほど赤(またはオレンジ!)であるかについての冗談が続いています。

すぐに、家族はオーストラリアとニュージーランド中のオパール卸売業者になりました。双子の兄弟は何百もの卸売り口座を獲得し、彼らはそれぞれ毎月旅行と販売を始めました。これが、ポールを2008年にツーソンジェムショーに最初に導いた理由です。これについては後で詳しく説明します。

兄弟は、一部のクライアントが一方の双子からもう一方の双子よりも多く購入することを発見しました。そのため、両方が各クライアントのニーズに対応するためにすべての株を運びます。月末に、彼らはお互いに借りている人のバランスを取り、落ち着きました。当時、事務処理は複雑で、せいぜい「ずさん」だったので、正確な売り上げを得るのは困難でした。双子は推測ゲームを何度もプレイしましたが、ありがたいことにお金は問題ではなかったので、最終的にはすべてバランスが取れるので、どちらかが支払われても問題ありませんでした。

ポールはオパールマイニングパートナーシップを確立していたので、分割が60〜40になることもありましたが、双子は両方とも販売数が多いと考え、これは別の継続的な家族のジョークになりました。しかし、家族の収益性の高いオパールビジネスは、お金だけでなく、家族の価値観と密接に一致するライフスタイルと楽しみによって動機付けられました。兄弟たちは信頼と透明性の強いシステムに依存し、これは彼らの関係と家業の重要な要素になりました。この信頼のおかげで、ビジネスは簡単でやりがいがありました。

家族が事業を拡大するにつれ、彼らはクライアントベースへのサービスを支援するために2006年にパトリックを採用しました。今日、パトリックはオパールオークションで彼自身のサイト「ローリングストーンオパール」を持っています。

事業は拡大と繁栄を続け、パトリックを雇うとともに、ベトナムのHCMにオパール切断工場を開設し、銀と金のオパールジュエリーを作りながら、労働者のスタッフがオパールを切断して磨きました。

ビジネスは素晴らしく、家族はオーストラリア中の何百もの店にシルバーオパールジュエリーを販売していました。しかし残念ながら、中国の売り手が価格を半分に引き下げた5年後、家族の成功は短くなり、これらの値下げされた価格に対抗することができませんでした。

工場を閉鎖するためにベトナムに向かったウェインは、競争できない中国のシルバージュエリーのサンプルを取り、それを労働者に見せました。誰もが驚いたことに、ベトナムの宝石商は銀のペンダントを半分に切り、その金属が実際にはロジウムメッキのピューターであり、本物の銀ではないことを明らかにしました。信じられますか?ウェインもできませんでした!しかしもちろん、ジュエリーが本物のシルバーではなかったため、中国の売り手が私たちの価格を半分にすることしかできなかったのは、その瞬間にすべて理にかなっています。

次に何をしましたか?

2003年、Eコマースの追求とオパールオークションの種まき

ウェインはオパールを売るために米国で開催されたラスベガスジェムショーに参加しましたが、インターネットやオンラインビジネスの話にすぐに気を取られたため、オパールを売ることはありませんでした。この経験から素晴らしいベンチャーが開花しました。ショーでは、インターネットと電子商取引の有利な可能性についての情報を共有するeBayからのセミナーがありました。

イベントはとてもエキサイティングだったので、ウェインはオパールを売るのを忘れ、代わりにセミナーからセミナーへと旅をし、できるだけ多くのことを学ぶためにフルタイムで人々とおしゃべりをしました。

ある日、彼はコーヒーを飲みに行き、すべてのテーブルがいっぱいだったので、彼は周りを回っていた男の隣に座って、購入する株の締め切りを求めました。ウェインは多くのチャットをし、この男がオンラインジュエリー会社のBidzの株を購入していることを知りました。男性は、オンラインでの販売が未来だったので、ウェインと家業はオンラインオパールサイトを開くべきだと提案した。

セミナーでは、ウェインは引退したNASAの科学者にも会い、彼がすべてに数式をどのように使用したかについて多くの面白い話を彼と共有しました。彼の立場には、宇宙飛行士が宇宙にいるときに必要な酸素の量も含まれていました。彼は、彼らがロシアの宇宙船を監視し、彼らが空気を使い果たして死んだときに宇宙飛行士に耳を傾ける方法についての話をしました。これはオンラインでオパールを販売することと何の関係がありましたか?

ウェインが男の家を訪れたとき、彼の浴室の壁は数学の方程式でいっぱいでした、そして彼は売り手の膨大な量が十分な収入を得ることができなかったのでeBayの公式は持続可能ではないと言いました。

当初、ウェインはeBayの公式が持続不可能であることの意味を確信していませんでした。当時、多くのビジネスマンはeBayは奴隷専用であり、売り手ではなくeBayだけがオンラインでお金を稼ぐと言っていたからです。今日のeBayを見て、あなたはこれらのビジネスマンが正しいかどうか疑問に思う必要がありますか?

これらの2人の男性は、ウェインに影響を与えてオパールオークションを開始しました。彼が学んだことは、競争するには、eBayよりも優れたシステムが必要であるということでした。 eBayであったeコマースの巨人に対して成功した完全に新鮮なアプローチをどのように取るでしょうか?

オパールオークションでは、最初から、販売者は製品知識で検証する必要があり、承認された専門研究所のみが証明書を処理することを決定しました。

estella sedawie私たちは2005年にオパール保安官と検証済みプログラムを開始し、プラットフォームを通じて販売されたすべての石の本物の説明を含めました。一方、eBayは、このタイプのシステムを2020年10月まで展開しませんでした。これは、私たちがシステムを開始してからなんと15年後のことです。

勝者はすべてのビジネス環境を取り、ウェインは私たちのオークションWebサイトが成功するために単にユーザーフレンドリーである以上のものである必要があることに気づきました。購入者のために時間と情報を優先する信頼できるシステムが必要でした。

2003年に、彼はeBayに参加して販売を開始しましたが、オンラインでは何も絶望的でした。そのため、彼の2人の10代の息子、ジェイソンとマークは、eBay、電子メール、および支払いシステムのセットアップを支援しました。ウェインは、収益性の高いビジネスを行うには、eBayから離れなければならないことに気づきました。しかし、どのように?

2003年には、コンピューターのコストは4,000ドルであり、月額インターネットプラン(当時は非常に遅かった)は月額500ドルだったことを思い出してください。コンピューターはウェインの息子であるマークの寝室にあり、バグや技術的な問題をすべて解決するために苦戦を強いられました。しかし、すべてのビジネスベンチャーと同様に、私たちは皆多くのことを学び、2004年にオンラインオークション用にスペイン語のシステムを購入し、2005年に正式にオパールオークションを開始しました。

ご想像のとおり、私たちのスタートアップはスムーズではなく、技術的な問題がたくさんありました。例えば、 私たちは2008年に、3,000ドルのカメラで撮影された超基本的なビデオを作成するためだけに15,000ドルの費用がかかるビデオシステムを構築しました。今日まで早送りすると、携帯電話で優れたビデオコンテンツを撮影できます。しかし、当時、私たちは利用可能なテクノロジーを使用して作業する必要があり、今後数年間で大幅に改善されることを知りませんでした。

のために 最初の5年間は、新しいオンラインサイトを構築しようとしただけで多くのお金を失いました。しかし、透明性のある情報と信頼できるバイヤープログラムを持つユーザーにとって、正しく行われた場合のオンラインビジネスの可能性を信じていたため、私たち全員が固執しました。

立ち上がってすべての問題を解決したら、売り手がプラットフォームに参加できるようにサイトを公開し始めました。私たちの兄弟ポールと彼のパートナーであるサリーパテルは、私たちのオンラインオークションプラットフォームに最初に参加しました。

そこから私たちは家業を拡大し続けました。ポールの息子であるピーターとロスはどちらも売り手であり、サリー・パテルの7人家族は、オーストラリアと米国アリゾナ州ツーソンを拠点とする個人売り手になりました。私たちは常に家族の価値観を中心にビジネスを構築してきました。それが、オパールオークションの進化のすべての変化と転換を通じて一定に保たれていることです。オパールへの情熱は、家業だけでなく、私たちの家族の歴史にも根ざしています。

ロスは8歳で最初のオパールを切り、息子のハミッシュも8歳で最初のオパールを切り取って家族の遺産を引き継ぎました。

何と言えば、オパールは私たちの血の中にあります!では、どうやって他のみんなにオパールオークションに参加してもらうのでしょうか?会社の認知度を高める必要があることはわかっていたので、ウェインは再び旅行に出かけました。今回は、アリゾナで開催されたツーソンジェムショーに参加するために米国に向かいました。

2006年、ツーソンジェムショー:災害が成功に転じた

ウェインは、ローリングストーンオパールからパトリックと一緒に旅行し、米国で開催された世界的に有名なツーソンジェムショーでオパールオークションを立ち上げました。

到着すると、物事は暗いスタートを切った。彼らは自分たちが何か特別なものを持っていることを知っていましたが、他の人を説得することは難しい仕事であることがわかりました。彼らはデイズインの行き止まりの場所に置かれ、人通りはほとんどありませんでした。それは気のめいるようで、ビジネススーツの最初のクライアントは、インターネットは戦争のために設計されており、オパールオークションは決して機能しないだろうと彼らに言いました。

2番目のクライアントはカリフォルニアに4つのショップを所有しており、人々はオンラインでオパールを購入しないと述べました。
最後に、3人目のクライアントはいくつかの可能性を見出し、素晴らしいアイデアと素晴らしい在庫を持っていると述べ、幸運を祈っていました。彼らはいくつかの肯定的なフィードバックを持って喜んでいました…彼が去った直後に彼らの最高のラフなブラックオパールが欠けていることに気付くまで!彼は彼らに甘い話をし、彼らの鼻の下からそれを盗んだ。

なんてがっかり!さらに悪いことに、彼らはショーの電気のフォームに記入していなかったので、請求額は500ドルではなく1500ドルでした。

明らかに、これはツーソンでの彼らの最後のジェムショーでした!ポールはツーソンのショーに20年間参加していましたが、オンライン販売が順調に進んでいるため、トレードショーでの販売を停止しました。

ビジネスはオンラインオークションサイトで勢いを増し始めましたが、eコマースの初期の頃は技術的な問題がそれほど遅れることはありませんでした。

2007年にサイトがクラッシュし、オーストラリアのサーバーがリクエストを処理できなかったため、ほとんどの購入者を失いました。同じ頃、スティーブは私たちに加わり、コンピューターコーディングを独学しました。現在、彼は私たちのヘッドコーダーであり、1分あたり数千のリクエストを処理できる大規模なサーバーを管理しています。彼は私たちのサイトにさらなる改善を永遠に構築しています。

2008年、より多くの家族を連れてくる

2008年までに、私たちのシステムは大幅に改善され、よりユニークな機能を含むように拡張されました。私たちは2004年の最初のシステムから長い道のりを歩んできました。実際、オンラインビジネスで流行し、現状を維持する前に、「KnowYourCustomer」と呼ばれるシステムを開始しました。このプログラムでは、最初にすべての販売者を確認する必要があり、オパール保安官プログラムとアイテムウォッチプログラムが成功したことが証明されました。言うまでもなく、ウェインはラスベガスで2人の男に会い、彼がより創造的になり、彼のアイデアの限界を押し上げることを奨励してくれたことに非常に幸運であり、感謝しています。

2012年、ポールの息子たちが正式に私たちのチームに加わりました。

チームに参加する前、ロスはオーストラリアのメルボルンにあるホールデンのエンジニアであり、宝石学のコースを受講しました。彼は現在、私たちの宝石学者の1人であり、ITとデータ入力の経験を持つ妻のTereseと協力しています。一緒に、彼らはSEO、マーケティング、および改善部門を処理する理想的なチームです。彼らは私たちのプラットフォームに追加された多くのユーザーフレンドリーな側面を監督してきました。

ロスセダウィーterese sedawieピーターはライトニングリッジで15年以上オパール採掘を行っています。彼は熟練した熟練したオパールカッターであり、現在はオパールオークション本社のヘッドカッターであり、月に約4,000個のオパールをカットしています。ピーターは、「アネンボオパール」と呼ばれる祖父のオパールオークション販売サイトを引き継ぎました。

xvvwicrmm1l06pbj.jpgパウロがフォーマイルズオパールフィールドでオパール採掘を始めた初期の頃から、私たちは多くの浮き沈みを経験してきましたが、2020年に何が起こるかについて私たちを準備することはできませんでした。

2020年、パンデミックを乗り越えて繁栄

コロナウイルスのパンデミックは、世界中の買い手と売り手に大きな影響を及ぼしました。トレードショーを行って購入をやめた伝統的なバイヤーはたくさんいます。しかし、これらはソーシャルサイトで販売する独自のオンラインビジネスを購入して開始する人々に取って代わられました。

ウェインセダウィー世界的な健康危機が世界経済に与える影響を予測することはできません。また、私たちの家業に何を期待できるかわかりませんでした。幸いなことに、オンライン販売の活発化により、当社の売上高は前年比で月平均約70%増加しました。

2021年4月、ポールはライトニングリッジのオーストラリアオパールセンターにこれまでで最大の寄付を行いました。これは、公的機関にこれまでに贈られた珍しいオパール化石とオパール関連の好奇心の最大かつ最も多様な寄付です。

2021年6月、オパールオークションは、本社が拠点を置くオーストラリアのゴールドコーストでファミリービジネス賞を受賞しました。

オパール業界とeコマースオパール市場での家族の旅を振り返ると、私たちは物理的およびデジタル的に多くの分野をカバーしてきました!私たちは、家族が全員の才能、スキル、贈り物、決意を持って集まるとき、常に家族を第一に考えながら、ビジネスは止められないだろうと常に信じてきました。

それは必ずしも簡単ではありませんでしたが、私たちは浮き沈みを乗り越えてきました。オパールは私たちの静脈を通り抜けて私たちの生活を彩ります、そして私たちはすぐに停止する予定はありません!

ポールは、長年にわたって収集された彼の最も貴重なオパールのオンラインオパールギャラリーを編集しました。これは、以下のリンクで見ることができます。

電子ブックをダウンロードするにはクリックしてください

このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

2人々はこの記事が役に立ったと感じました
A-Z Of Opals

A-Z Of Opals

A complete list of your favourite Opal from all over the world
27記事
Did you know?

Did you know?

Check out our fascinating information and articles on all things amazing in the Opal world
40記事
How To's

How To's

All of your favourite Opal How To's
18記事
News

News

What's trending in the Opal Industry
42記事
Opal Auctions  Verified Sellers

Opal Auctions Verified Sellers

Opal Auctions sellers who are approved as opal Verified Sellers
4記事
Opal Information

Opal Information

Information about Opal and its colorful history
103記事
Opal Stories

Opal Stories

Feel like reading a yarn or two?
6記事
Technical Opal Information

Technical Opal Information

All there is to know about Opals including Black Opals, Ethiopian Opals & Boulder Opal
15記事
Testimonials

Testimonials

Feedback from our VIP customers
5記事