簡単
処理...
How To Buy Opals On The Internet
インターネットでオパールを購入する方法
このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

処理...

6 Tips For Buying Opals Buying Guide With Pictures Opal AuctionsYou’ve found yourself in the right spot as the first step in buying opals online is to educate yourself with opal information. Opal Lovers all over the world have taken to buying Opals online as you can buy direct from the source.

It is best to find a site that has all types of sellers from opal miners in Australia to opal wholesalers and international miners or wholesalers. Many buyers have stated that buying opals on the internet is the best because sellers all over the world have to compete against each other in offering their opals for sale in a controlled online environment.

Opal miners have to price against other sellers so if a miner overprices his opals the will not sell. This is the main advantage for our buyers as sellers compete against each other driving prices down, something that single sellers online sites do not offer.

Tips To Buy Opals In The Internet

  • Learn about the different types of opals as the value of an opal depends not only on its brightness but where it comes from. Start Learning here.

  • Understand the difference between triplets, doublets and solid opals as the first two are enhanced to show brighter colours. They should sell for lower prices than solid opals.

  • Always request a picture of an opal on a hand or a neutral image as a black background will enhance the colour. Many crystal and Ethiopian opals look better on a black background.

  • With Black opals ask for their body tone and brightness rating.

  • Most opal rough photos are taken when the opal is wet. Water enhances the brightness of the colour but it should give an accurate idea of what the stone will look like when it is polished. If the rough boulder opal has been split it should not need water to display its colour because the split is usually very clean.

  • Ethiopian rough is normally dry when pictures are taken as it is Hydroplane Opal. This means it absorbs moisture.

Base Body Tone Guide

The base body tone guide is the best kept secret for buying opals on the internet, as most internet sellers give a fairly accurate description of the stones body tone that they are selling.

The opal association is marketing a body tone guide with opal stones and doublets so all buyers and sellers can have a uniform guide to gauge opal. These will help buyers compare opals between sellers. You should always buy off a seller who guarantees his product and grading so if you disagree you can return it.

The base body tone refers to the darkness or lightness of the opal ignoring the play of colour and brightness of the stone. The base colour can only be determined by looking down on the top of the stone and ignoring the material on the back of the stone. Only those stones ranking N1 to N4 are considered black opals. The opal price is determined by body tone, brightness, colour, play of colour, size and allowing for faults and imperfections.

See an example of an opal buying guide below:

Opal Buying Guide - base body tone guide

Brightness

The brightness of a stone is one of the most important factors in a stones beauty and value.

On the Australian opal fields you don’t hear the words” fire” used when miners talk about how bright a stone is. The term is however used a lot on the internet to describe a stone’s brightness, and to gauge opal brightness evenly over different stones.

Brightness Scale: 1 Faint, 2 Dull, 3 Bright, 4 Very Bright, 5 Brilliant - Gem Quality This is the brightness chart you will see on most internet auctions with 5 being the brightest. Currently the Opal association is working on a chart which will have seven levels of brightness with number ONE being the BRIGHTEST. Check on listings to make sure what chart is being used.

brightness chart for opals

Opal Colors are affected by Light! Adjust Your Monitor for Accurate Colors + Contrast!

Your Opal will look different in different kinds of lighting. What color are seen, in what shape or pattern and from which viewing angles depends, in part, upon the viewing light used. Sunlight and tungsten bulbs and warm bulbs lighting will tend to bring out more warm tone colours - reds, oranges, yellows magentas and purples. ‘Cooler Light’, like viewing your Opal in the shade, will tend to bring out the cooler greens and blues. Light source. For viewing we suggest 12” to 16” from a bright tungsten light bulb. The best method is to have your back to a window on a sunny day with the sunlight coming over your shoulder.

Opal Sizes

Opal sizes are listed in millimetres (25.4 mm = 1 inch) and weights are listed in carats - just like all other gemstones and the jewelry mountings for them A calibrated shape gemstone should fit most jewelry mountings designed for those dimensions. An opal that is within 0.5 to 1 mm of a calibrated size may acceptably fit into many calibrated mountings. Calibrated shape opals typically cost 15% to 50% more than a freeform shape opal due to the wastage of the opal when cut. A freeform or larger size opal can be cut to a smaller size by an experienced cutter. Or you can have a custom jewelry mounting made for your unique opal, often for less expense than you might expect. Thickness of the opal is a major factor in the carat weight of a precious opal gemstone - but an opal that is unusually thick will be considered less valuable as it may have to have excess weight removed to fit in a jewellery piece.

Play of Color

The very best precious opals have play-of-color across the entire gemstone when rotated. Most precious opals do not have play-of-color across 100% of the gem and are still stunning. Every natural precious opal gemstone is unique. Some precious opals have a flash, a Harlequin or other unusual pattern, rainbows, ribbons of color or many variations that are both beautiful and stunning while not covering 100% of the opal’s face. If an opal doesn’t have Play-Of-Color, it isn’t precious opal. Sometimes an area of the opal will have a Play-Of-Color flash from a particular viewing angle, while another area of the opal flashes best at a different viewing angle. You may have to rotate or pivot the Gem Stone and/or change positions between you, the opal and the viewing light to see Play-Of-Color from a particular area of many opal Gem Stones. These stone are directional and are usually best suited to a pendant. The most expensive opals have at least some wonderful Play-of-Color from most viewing angles. Sometimes an opal is at its best if lighted from the side or from slightly ‘above’ which would make it an ideal opal to use for a pendant. Some opals are at their best and brightest ‘face up’ - when the viewer has the light source over her shoulder to view the opal face-on like a ring stone. Some of these patterns can EXPLODE and look stunning.

Visible Opal Flaws

Listed here are some of the natural imperfections that can reduce the value of your precious opal. If you can accept these natural imperfections, you may be able to purchase an opal you otherwise couldn’t afford. And, the ‘natural imperfections’ are proof that the opal is not man made!

A whitish to cream color area visible within your opal’s surface is often called ‘clay’ or ‘silk’ or ‘sand’, small bits of clay present when the opal was forming.

A ‘Matrix’ opal that has precious opal surrounded by visible rock or clay it formed within will be less valuable than a solid opal or most quality constructed doublets.

Potch lines across the colour face are acceptable provided they aren’t contrasting with the stones appearance. Most black gems have some potch in the face which doesn’t stand out but grey potch on a black stone would so it would decrease its value.

Sometimes a line inside the opal is just how the opal naturally formed and not a crack or flaw. Hold it close to a lamp shape to see it you can see a fractured reflection. If large areas of your opal have no precious Play-Of-Color (sometimes called ‘potch’), that will reduce the value of the opal. If there are visible scratches on the surface of the opal, its value will increase after the opal has been professionally polished to remove them. Cracks that go through the thickness of the opal’s surface will reduce its value. To save a damaged valuable precious opal keepsake, cracks can sometimes be repaired and no longer be visible to the unaided eye. Any seller of precious opals should always tell the customer if an opal has been repaired, stabilized or otherwise treated.

Opal flaw or inclusion

Opal Photography

It must be remembered that opal reflects light and digital cameras are not built to capture the amazing patterns and colour changes in opal.

A simple experiment is to place a stone on the floor by a doorway in natural sunlight, and move the stone back inside taking several photos along the way. You will most likely find that one photo looks amazing as if it has been enhanced.

Depending on the quality of photographic equipment and lighting sources, there will always be some variation between a digital photo and viewing a stone with a naked eye.

Sellers on are expected to produce consistent photos that are representative of the opal being sold. Viewing an item that has a video can be a good way to reveal the many different faces of a good quality opal, and see the movement of colour that is not necessarily visible from all angles.

The experienced buyer will know to take all information into account, including the N tone rating, brightness, shape, dimensions and of course price.

The most common complaint is for blue opals. Most cameras capture the mauve in the stone which the naked eye can’t see. So if you see a mauve stone remember it’s most likely a blue stone.

Pastel colours seem to come out true to form. With Ethiopian opal the red is easy to capture and it will not be as bright in the hand.

If a seller guarantees his stock there is no advantage in over enhancing the pictures as he would have to return too much stock.

Many sellers use a black background as the camera captures the opalat its best. Always ask for a photo taken in the hand. You can see the two stones below look better in the hand shot which is more natural. The last picture has been enhanced so you notice how the hand looks red and less natural. If you see a hand looking red you know the picture has been enhanced.

Viewing an Opal

With the opal in your hands, viewing in direct sunlight or 12”-16” from a bright tungsten or halogen light source:

Rock the Opal side-to-side and top-to-bottom - pivot the Opal gemstone - rotate it 90 degrees clockwise and repeat, - then again.

Change the angle between the light source, the opal and your eyes and repeat. Rock the opal side to side or top to bottom to change the viewing angle.

Harlequin Patterns

Harlequin opal is the most sought after pattern in opal due to its rarity and beauty.

On the Gemological Institute of America (GIA) website, it states: “Harlequin or mosaic - broad, angular, close-set patches of color”.

Originally rounded or floral shapes were not called harlequin but this is now common practice.

On some unscrupulous internet sites many stones are listed as harlequin as the seller believes this will increase its value. Many of these stones would not be called harlequin on the opal fields, however they can still be beautiful and valuable in their own right. It is always important to buy from an opal expert.

In my 20 years experience of selling thousands of stones, I have only had three opals which I consider to contain a true harlequin pattern.

Harlequin opal pattern

Doublet or Natural Stone?

It is difficult to determine if an opal is a doublet when it is set in jewellery. Only by removing the stone from the jewellery can you be certain.

Take a 10 powered loop or magnifying glass to the side of the stone. As glue doesn’t polish you will see a gap between the crystal and backing so you know it’s a doublet.

Alternatively, if you have a digital camera you can take a photo of the side of the stone and enlarge the photo on your computer. If there has been glue used it will be easy to see. See our article on doublets and triplets to learn more.

Inclusion or Fracture?

Some times stones have natural inclusions that look like fractures. The best way to determine if a stone is fractured is to hold the stone up to a base of a lamp shade and roll the stone in your fingers keeping the stone in the light and not the shaded area. If there is a fracture you will see the light reflect off the fracture like a chip in your windscreen.

Natural or Synthetic Stone?

Some synthetic or imitation opal can confuse customers.

Things to watch for:

  • Usually they have no inclusions or potch backing behind them

  • The pattern appears to be even through the stone which is rare except for top gems.

  • If viewed from the side the line of colour is in the lower areas.

  • Unnatural look and fire to them.

Synthetic opal are sometimes used in triplets which are much harder to spot. Generally they are very bright with a regular pattern that looks too constant to be natural. It is best to become familiar with a few man made opals (usually advertised as synthetic or man made) so it is easier to recognize them.

6 Tips To Buying Opals Buying Guide With Pictures Opal Auctions

Andamooka Matrix

Andamooka Matrix is a natural white opal matrix found in Andamooka, South Australia. It has been treated to look like expensive black opal. The treatment is permanent but if you reshape or cut it you will have to re-treat it.

Some of this material is called concert which is more porous than the gem matrix. It is hard to get a good polish on it as it has pores. You can use a resin like liquid glass - or in Australia we use HX3 made by Shell. This is an epoxy that soaks in to the stone and gives a good polish. The colours and fire are amazing.

On the field they call this concert which is a horrible name for such a beautiful stone. Gem matrix, which you can get a natural polish on sells for $10 - 50 per carat while concert sells for $1- 2 per carat for larger stones.

Andamooka Matrix is even great just left in a glass jar as a dazzling specimen.

Andamooka opal

No Reserve Opal Online Auctions

No reserve opal online auctons are a great entry point for new opal buyers, as the buyer can determine the price at which the item sells. This is generally a good indicator of the value of the item.

Of course, the cost to the seller to list a $1 No Reserve item is going to be more than one dollar, once fees, buyer communication and shipping costs have been added to the price they paid for the item.

For this reason sellers have been known to list a great variety of high quality items to ensure a good selling price, and build up their loyal repeat customer base.

Rough Opal

Buying rough opal is always a bit of a gamble as you can’t really see the quality of the precious opal within.

You can lessen the risk if you buy “rubs”. Opal rubs are pieces of rough that have been rubbed down to the colour bar so you can get some idea of the stone it will cut. There is still the risk of inclusions in the stone which may make it smaller than you expect.

Most sellers on the internet wet the rubs or rough before hand to show the colours you can expect when it is polished. Always check the thickness of rubs as if it is too thin it won’t be strong enough for a ring. Any stone around 2 mm thick is too thin and may even need reinforcing in a pendant.

You shouldn’t expect to see a good stone in cheap rough as no seller would deliberately leave it there, however some beautiful stones have been found in rough that looked as if it contained nothing.

Black nobbys from Lightning Ridge are known for there surprises as even the most experienced dealers let some stones slip through in there rough grading process. Nobby rough untouched should always be viewed as a gamble.

With white opal rough it is a rule of thumb that what you paid per gram should cut that per carat as a finished stone.

Buying rough from photos is always difficult so you should check the sellers return policy. If they don’t offer one you should consider taking your business elsewhere. It is generally accepted that if you rub, snip or touch the rough it is considered sold.

Most internet sellers want your repeat business so even if you are not happy with what you have cut you can always ask for a bonus.

6 Tips To Buying Opals Buying Guide With Pictures Opal Auctions

Trivia & Tips

  • All items should be compared in the same lighting with no natural lighting to make comparisons. 100 watt globe 20 inches above stone recommended.

  • Have a set of stones to compare what you are grading. Many buyers bring their own stones for comparison to the opal fields.

  • If you are buying at Lightning Ridge in the motel there is strong sunlight in the morning so many sellers try to use this to their advantage.

  • Buy from reputable verified sellers, not hobbyiests advertising themselves as experts - common place practice on other auction sites.

  • On the opal field a clean stone with a N1 background and a brightness of 5 will sell very quickly for top money.

  • Check a sellers return policy and stock guarantee. When returning stock use registered post.

  • It might pay to test the waters with a seller on cheaper items if you are interested in purchasing an expensive stone.

The buyers on the internet have a big influence over the shape of the industry. If they return over enhanced stones back to sellers, they will be forcing sellers to more accurately classify their stock so all sellers are on an equal playing field, and it will be easier to compare stock between sellers.

The future is exciting for the opal industry. This beautiful stone is now available at competitive prices to buyers who would normally not have access to it.

The gemstone industry has many levels of dealers but the internet allows you to go direct to the source. New cameras will more accurately capture the true colours of opal and there will be evolving video technology that will allow you to see a stone as if it was in your hand.

With some knowledge there are bargains to be had today. Good luck with your bidding.

SHOP FOR OPALS

写真オパールを購入するための6つのヒントオパールをオンラインで購入する最初のステップは、 オパールの情報で自分自身を教育することであるため、あなたは正しい場所にいることに気付きました。あなたはソースから直接購入できるので、世界中のオパール愛好家はオパールをオンラインで購入することになりました。

オーストラリアのオパール鉱夫からオパール卸売業者や国際的な鉱夫または卸売業者まで、あらゆる種類の売り手がいるサイトを見つけることが最善です。多くの買い手は、世界中の売り手が管理されたオンライン環境での販売のためにオパールを提供する際に互いに競争しなければならないため、インターネットでのオパールの購入が最善であると述べています。

オパール鉱山労働者は他の売り手に対して価格設定をしなければならないので、鉱山労働者が自分のオパールを高値にすると売れないでしょう。これは、売り手が互いに競争して価格を引き下げるという、買い手にとっての主な利点です。これは、単一の売り手オンラインサイトでは提供されていません。

インターネットでオパールを購入するためのヒント

  • オパールの価値はその明るさだけでなく、どこから来たのかによって異なるため、さまざまなタイプのオパールについて学びます。 ここで学習を開始します。
  • トリプレットダブレットソリッドオパールの違いを理解してください。最初の2つはより明るい色を表示するように強化されています。彼らは固体オパールよりも低い価格で販売する必要があります。
  • 黒い背景は色を強調するため、常にオパールの画像またはニュートラル画像をリクエストしてください。多くのクリスタルオパールエチオピアオパールは、黒い背景でより良く見えます。
  • ブラックオパールの ボディトーンと明るさの評価を求めます。
  • ほとんどのオパールのラフ写真は、オパールが濡れているときに撮影されます。水は色の明るさを高めますが、石を磨くとどのように見えるかを正確に把握する必要があります。粗いボルダーオパールが分割されている場合、その分割は通常非常にきれいであるため、色を表示するために水は必要ありません。
  • エチオピアの原石は、通常、ハイドロプレーンオパールであるため、写真を撮ると乾燥しています。これは、水分を吸収することを意味します。

ベースボディトーンガイド

ベースボディトーンガイドは、ほとんどのインターネット販売者が販売している石のボディトーンのかなり正確な説明を提供するため、インターネットでオパールを購入するための最良の秘密です。

オパール協会は、すべての買い手と売り手がオパールを測定するための統一ガイドを持つことができるように、オパールストーンとダブレットを含むボディトーンガイドを販売しています。これらは、買い手が売り手間でオパールを比較するのに役立ちます。製品とグレーディングを保証している売り手は常に買い取る必要があります。そうでない場合は返品できます。

ベースボディトーンとは、石の色と明るさの遊びを無視して、オパールの暗さまたは明るさを指します。基本色は、石の上を見下ろし、石の裏の素材を無視することによってのみ決定できます。 N1からN4までのランクの石のみがブラックオパールと見なされます。オパールの価格は、ボディトーン、明るさ、色、色の遊び、サイズによって決まり、欠点や欠陥を考慮して決定されます。

以下のオパール購入ガイドの例をご覧ください。

オパール購入ガイド-ベースボディトーンガイド

輝度

石の明るさは、石の美しさと価値において最も重要な要素の1つです。

オーストラリアのオパール畑では、鉱夫が石の明るさについて話すときに使用される「火」という言葉は聞こえません。しかし、この用語は、石の明るさを説明し、異なる石の上で均等にオパールの明るさを測定するために、インターネット上で頻繁に使用されます。

輝度スケール:1かすかな、2鈍い、3明るい、4非常に明るい、5華麗-宝石品質これは、5が最も明るいインターネットオークションで表示される輝度チャートです。現在、オパール協会は、明るさのレベルが7つあるチャートを作成しています。リストをチェックして、使用されているチャートを確認してください。

オパールの輝度チャート

オパールの色は光の影響を受けます!正確な色とコントラストを得るためにモニターを調整してください!

オパールは、照明の種類によって異なります。どの色が見え、どのような形状またはパターンで、どの角度から見るかは、部分的には使用する観察光に依存します。日光とタングステンの電球と暖かい電球の照明は、赤、オレンジ、黄色、マゼンタ、紫など、より暖かい音色を引き出す傾向があります。オパールを日陰で見るような「クーラーライト」は、より冷たいグリーンとブルーを引き出す傾向があります。光源。ご覧になるには、明るいタングステン電球から12〜16インチをお勧めします。最良の方法は、晴れた日に窓に背を向けて日光が肩に当たるようにすることです。

オパールサイズ

オパールのサイズはミリメートル(25.4 mm = 1インチ)でリストされ、重量はカラットでリストされます-他のすべての宝石とそれらの宝石取り付け具と同様に、較正された形状の宝石は、これらの寸法用に設計されたほとんどの宝石取り付け具に適合します。キャリブレーションされたサイズの0.5〜1 mm以内のオパールは、多くのキャリブレーションされたマウントに受け入れられる可能性があります。キャリブレーションされた形状のオパールは、カット時のオパールの無駄のため、通常、自由形状のオパールよりも15%〜50%高くなります。フリーフォームまたは大きなサイズのオパールは、経験豊富なカッターで小さなサイズにカットできます。または、独自のオパール用にカスタムジュエリーマウンティングを作成することもできます。多くの場合、予想よりも低コストです。オパールの厚さは、貴重なオパールの宝石のカラット重量の主要な要因ですが、宝石のピースに収まるために余分な重量を取り除く必要があるため、異常に厚いオパールはあまり価値がないと見なされます。

色の遊び

最高の貴重なオパールは、回転すると宝石全体に色の遊びがあります。ほとんどの貴重なオパールは、宝石の100%に渡って色の遊びがなく、まだ見事です。すべての天然の貴重なオパール宝石はユニークです。いくつかの貴重なオパールには、フラッシュ、ハーレクインまたは他の珍しいパターン、虹、色のリボン、またはオパールの顔の100%を覆わずに美しくて魅力的な多くのバリエーションがあります。オパールに遊び色がない場合、それは貴重なオパールではありません。オパールのある領域には特定の視野角からのPlay-Of-Colorフラッシュがありますが、オパールの別の領域は異なる視野角で最もよくフラッシュします。多くのオパールジェムストーンの特定の領域からプレイオブカラーを見るには、ジェムストーンを回転または回転させたり、オパールとビューイングライトの位置を変更したりする必要があります。これらの石は方向性があり、通常、ペンダントに最適です。最も高価なオパールは、ほとんどの視野角から少なくともいくつかの素晴らしいプレイオブカラーを持っています。オパールは、側部からまたはわずかに「上」から照明されている場合、ペンダントに使用するのに理想的なオパールになることがあります。オパールの中には、最高で明るい「顔を上にした」状態のものもあります-見る人がオパールをリングストーンのように正面から見るために肩に光源を持っているとき。これらのパターンのいくつかは爆発し、見事に見えます。

目に見えるオパールの欠陥

ここにリストされているのは、貴重なオパールの価値を低下させる可能性のある自然な欠陥です。これらの自然な欠陥を受け入れることができれば、他の方法では手に入らないオパールを購入できる可能性があります。そして、「自然の欠陥」は、オパールが人造ではないという証拠です!

オパールの表面内に見える白っぽい色からクリーム色の領域は、しばしば「粘土」または「絹」または「砂」と呼ばれ、オパールが形成されたときに存在する小さな粘土です。

目に見える岩や粘土で囲まれた貴重なオパールを含む「マトリックス」オパールは、固体オパールまたは最も品質の高いダブレットよりも価値が低くなります。

石の外観と対照的でない限り、色の面を横切るポッチラインは許容されます。ほとんどの黒い宝石は、顔に目立たないいくつかのポッチがありますが、黒い石の灰色のポッチはその価値を下げるでしょう。

オパール内部のラインは、オパールが自然に形成されたものであり、亀裂や欠陥ではない場合があります。ランプの形に近づけて見ると、割れた反射が見えます。オパールの大部分に貴重なPlay-Of-Color(「ポッチ」と呼ばれることもある)がない場合、オパールの価値が低下します。オパールの表面に目に見える傷がある場合、オパールがそれらを除去するために専門的に研磨された後、その価値は増加します。オパールの表面の厚さを貫通する亀裂は、その価値を低下させます。損傷した貴重な貴重なオパールの記念品を保存するために、ひび割れは時々修復され、肉眼では見えなくなります。貴重なオパールの売り手は、オパールが修理、安定化、または他の方法で処理されたかどうかを常に顧客に伝える必要があります。

オパールの欠陥または包含

オパール写真

オパールは光を反射し、デジタルカメラはオパールの驚くべきパターンと色の変化をキャプチャするために構築されていないことを覚えておく必要があります。

簡単な実験は、自然の日光の下で戸口のそばに石を床に置き、途中で数枚の写真を撮って石を内側に戻すことです。ほとんどの場合、1枚の写真が強調されているかのようにすばらしく見えます。

写真機器の品質と光源に応じて、デジタル写真と肉眼で石を見ることの間には常に多少の違いがあります。

販売者は、販売されているオパールを表す一貫した写真を作成することが期待されています。ビデオのあるアイテムを表示すると、良質のオパールのさまざまな顔を明らかにし、必ずしもすべての角度から見ることができるとは限らない色の動きを見ることができます。

経験豊富なバイヤーは、Nトーンレーティング、明るさ、形状、寸法、そしてもちろん価格など、すべての情報を考慮することを知っています。

最も一般的な苦情は、ブルーオパールに対するものです。ほとんどのカメラは、肉眼では見えない石の藤色を撮影します。だから、藤色の石を見たら、それはおそらく青い石だと覚えておいてください。

パステルカラーは、形に忠実に見えるようです。エチオピアのオパールを使用すると、赤は簡単に捕らえられ、手の中ではそれほど明るくなりません。

売り手が自分の株を保証する場合、彼はあまりにも多くの株を返さなければならないので、写真を強化すること以上の利点はありません。

多くの売り手は、カメラが最高のオパールをキャプチャするため、黒い背景を使用します。常に手で撮影した写真を求めてください。下の2つの石は、より自然なハンドショットでよく見えます。最後の画像が強化されているため、手が赤くなり、不自然に見えます。手が赤く見える場合、画像が強調されていることがわかります。

オパールの表示

オパールを手に、直射日光または明るいタングステンまたはハロゲン光源からの12〜16インチで見る:

オパールを横に、そして上から下に揺り動かします-オパールの宝石を回転させます-それを時計回りに90度回転させて繰り返します-そして再び。

光源、オパール、目の間の角度を変えて繰り返します。視野角を変更するには、オパールを左右または上下に揺らします。

ハーレクインパターン

ハーレクインオパールは、その希少性と美しさから、最も人気のあるオパールパターンです。

Gemological Institute of America(GIA)の Webサイトでは、「ハーレクインまたはモザイク-広く、角張った、密接な色のパッチ」と述べています。

もともと丸い形や花の形はハーレクインと呼ばれていませんでしたが、現在ではこれが一般的な方法です。

悪意のないインターネットサイトでは、売り手がこれが価値を高めると信じているため、多くの石が道化師としてリストされています。これらの石の多くは、オパールのフィールドではハーレクインと呼ばれませんが、それ自体で美しく、価値があります。オパールの専門家から購入することは常に重要です。

数千の石を販売した20年の経験の中で、真のハーレクインパターンを含むと考えるオパールは3つしかありませんでした。

ハーレクインオパールパターン

ダブレットまたは天然石?

オパールがジュエリーにセットされている場合、オパールがダブレットであるかどうかを判断することは困難です。ジュエリーから石を取り除くことによってのみ、あなたは確実になります。

10個の電動ループまたは虫眼鏡を石の横に持って行きます。接着剤が磨けないため、クリスタルとバッキングの間に隙間ができるので、ダブレットであることがわかります。

または、デジタルカメラを使用している場合は、石の側面の写真を撮って、コンピューターで写真を拡大できます。接着剤が使用されている場合は、見やすくなります。詳細については、 ダブレットとトリプレットに関する記事をご覧ください。

包含または破壊?

時々、石には割れ目のように見える天然の介在物があります。石が割れているかどうかを判断する最良の方法は、石をランプシェードの根元まで持ち、石を指で転がして、影のある領域ではなく、石を明るい状態に保つことです。骨折がある場合、フロントガラスのチップのように骨折で光が反射するのがわかります。

天然石か合成石か?

一部の合成オパールまたは模造オパールは、顧客を混乱させる可能性があります。

注目すべきもの:

  • 通常、彼らはそれらの後ろに介在物またはポッチバッキングを持っていません
  • パターンは、トップジェムを除いてまれな石を通しても見えるようです。
  • 横から見た場合、色の線は下の領域にあります。
  • 彼らに不自然な外観と火。

合成オパールは、時々見つけるのがはるかに難しいトリプレットで使用されます。一般に、それらは非常に明るく、規則的パターンが不自然に見えます。少数の人造オパール(通常は合成または人造として宣伝されている)に精通するのが最善です。

オパールを購入するための6つのヒント

アンダムーカマトリックス

アンダムーカマトリックスは、南オーストラリア州のアンダムーカにある天然のホワイトオパールマトリックスです。高価なブラックオパールのように扱われています。治療は永続的ですが、形状を変えたりカットしたりした場合は、治療し直さなければなりません。

この素材の一部はコンサートと呼ばれ、宝石のマトリックスよりも多孔質です。毛穴があるので、上手に磨き上げるのは難しいです。液体ガラスのような樹脂を使用できます-またはオーストラリアではシェル製のHX3を使用します。これは、石に染み込み、艶を出すエポキシです。色と火は素晴らしいです。

野外では彼らはこのコンサートをこのような美しい石の恐ろしい名前と呼んでいます。ジェムマトリックス。カラットあたり10〜50ドルで自然な光沢を得ることができますが、コンサートでは大きな石をカラットあたり1〜2ドルで販売できます。

アンダムーカマトリックスは、ガラス瓶にまばゆいばかりの標本として残っているだけでも素晴らしいものです。

アンダムーカオパール

リザーブオパールオンラインオークションなし

バイヤーが商品の販売価格を決定できるため、 予備のオパールオンラインオークトンは、新しいオパールバイヤーにとって優れたエントリーポイントではありません 。これは通常、アイテムの価値の良い指標です。

もちろん、1ドルの予約なしアイテムをリストするための売り手への費用は、手数料、買い手との通信、および送料がアイテムに支払った価格に追加されると、1ドル以上になります。

このため、売り手は、優れた販売価格を確保するために多種多様な高品質のアイテムをリストし、忠実なリピーター顧客ベースを構築することが知られています。

ラフオパール

粗いオパールを購入することは、その中の貴重なオパールの品質を実際に見ることができないため、常にちょっとしたギャンブルです。

「摩擦」を購入すれば、リスクを軽減できます。オパールの擦り傷は、カラーバーまでこすりつけられた粗い部分であるため、切断する石についてある程度知ることができます。石に含まれる可能性がまだあり、予想よりも小さくなります。

インターネット上のほとんどの売り手は、手作業で摩擦や粗さを濡らして、磨かれたときに期待できる色を見せます。こすりの厚さは、薄すぎてリングとしては十分ではないように、常に厚さを確認してください。厚さ約2 mmの石は薄すぎて、ペンダントで補強する必要さえあります。

売り手が意図的にそこに置いていくわけではないので、安い原石に良い石が見えるとは思わないはずですが、原石には何も入っていないように見える美しい石がいくつか見つかりました。

ライトニングリッジの黒いノビーは、最も経験豊富なディーラーでさえ、粗いグレーディングプロセスでいくつかの石をすり抜けさせるため、驚きがあることで知られています。ノビーラフタッチは、常にギャンブルと見なされるべきです。

ホワイトオパールラフでは、グラムごとに支払った金額がカラットごとに完成した石としてカットされるのが経験則です。

写真からラフを購入することは常に難しいため、売り手の返品ポリシーを確認する必要があります。提供していない場合は、ビジネスを他の場所に持ち込むことを検討してください。ラフをこする、切り取る、または触れると、売れたと見なされることが一般的に受け入れられています。

ほとんどのインターネット販売者はリピートビジネスを望んでいるため、カットしたものに満足していなくても、いつでもボーナスを要求できます。

オパールを購入するための6つのヒント

トリビアとヒント

  • 比較するには、すべてのアイテムを同じ照明で自然照明なしで比較する必要があります。石の上に20インチの100ワットのグローブを推奨。
  • あなたがグレーディングしているものを比較するための石のセットを持っています。多くのバイヤーは、オパール畑と比較するために自分の石を持ってきます。
  • モーテルのライトニングリッジで購入する場合、午前中は強い日光が当たるため、多くの売り手がこれを有利に活用しようとします。
  • 他のオークションサイトでの一般的な慣行である、自分自身を専門家として宣伝する趣味ではなく、評判の良い検証済みの売り手から購入します。
  • オパールのフィールドでは、N1バックグラウンドと5の明るさのきれいな石が、トップマネーで非常に早く販売されます。
  • 売り手の返品ポリシーと在庫保証を確認してください。在庫を返す場合は、登録郵便を使用してください。
  • 高価な石を購入することに興味がある場合は、より安いアイテムで売り手と水をテストすることは有益かもしれません。

インターネット上のバイヤーは、業界の形状に大きな影響を及ぼします。強化された石を売り手に戻すと、売り手はより正確に在庫を分類するように強制されるため、すべての売り手は平等な競争条件に置かれ、売り手間で在庫を比較しやすくなります。

オパール産業にとって未来は刺激的です。この美しい石は、通常はアクセスできない購入者に競争力のある価格で提供されています。

宝石業界には多くのレベルのディーラーがいますが、インターネットを使用すると、ソースに直接アクセスできます。新しいカメラは、オパールの本来の色をより正確にキャプチャし、進化したビデオ技術により、まるで手の中にあるかのように石を見ることができます。

ある程度の知識があれば、今日は掘り出し物があります。あなたの入札で頑張ってください。

オパールのショップ

このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

62人々はこの記事が役に立ったと感じました

コメント

Walt01

thanks for your time and clearly speak to the ones that mite not understand the words youll use to look at a opal .you have helped me how to realy look at a opal .thank you for all the help ad your time .walt from savannah Ga. us.

16th Mar 2018
Judyk45

Very helpful. Thanks!

19th May 2017
A-Z Of Opals

A-Z Of Opals

A complete list of your favourite Opal from all over the world
31記事
Did you know?

Did you know?

Check out our fascinating information and articles on all things amazing in the Opal world
40記事
How To's

How To's

All of your favourite Opal How To's
18記事
News

News

What's trending in the Opal Industry
42記事
Opal Auctions  Verified Sellers

Opal Auctions Verified Sellers

Opal Auctions sellers who are approved as opal Verified Sellers
4記事
Opal Information

Opal Information

Information about Opal and its colorful history
104記事
Opal Stories

Opal Stories

Feel like reading a yarn or two?
6記事
Technical Opal Information

Technical Opal Information

All there is to know about Opals including Black Opals, Ethiopian Opals & Boulder Opal
15記事
Testimonials

Testimonials

Feedback from our VIP customers
5記事