簡単
処理...
Black Opal Brightness and Body Tone Guide
ブラックオパールの明るさとボディトーンガイド
このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

処理...

black opal brightness and body tone guideThe Opal Body Tone Guide was designed and created by the Opal Association of Australia and acts as a guide for Black Opal and Boulder Opals. The Opal industry has recently also been using this guide for many Opal types including Ethiopian Opals.

Body Tone N1 - N4 - Is for black tone body types.

Body Tone N5 - N7 - Is for light coloured Opals mined also at Lightning Ridge but these lower body tone grades can and have been used on Coober Pedy Opals and Ethiopian Opals.

Opal Brightness Guide

The Opal Brightness Guide assists in assigning a value to how bright an Opal is to the naked eye.

Opal brightness can be described as

  • Vivid

  • Very Bright

  • Bright

  • Moderate

  • Subdued

How is Opal Color Produced? Opal formation

The local name given potch, such as desert sandstone, is dependent upon the area in which they occur, but they all belong to the same families of felspathic sandstone, claystone, siltstone and mudstone, which are said to have been deposited over large areas buy streams and lakes.

We call any material that opal colour has formed on as Potch. Except for volcanic opal, which usually occurs in Tertiary rocks, all the types of opal we have come to know so well are found in these strata. Although the opal is found in the Cretaceous sediments, it is a matter of conjecture as to it’s deposition over millions of years during the Tertiary period. The general teaching is that certain minerals were broken down in the country rock to produce silica at 120 parts per million, and trace elements which were deposited in cavities left by bones, shells and other dissoluble material. These, as well as faults and fractures in the ground, provided pathways for the underground waters to carry the silica down at the end of the weathering period.

Although this is the entrenched theory, with “slight variations” depending on your source of information, it is fraught with problems which have been deleted from the model to give it credence. There is little doubt that all opal was not deposited in exactly the same manner. So far I have discovered four different ways in which it has been deposited; there may be more. They all have a common denominator in the equation, ionic-exchange. The fact is that opalization is extremely regional and that large beds of impervious barriers are only secondary to opal formation.

If the only requisite for opalization under the above model were suitable impervious traps, then there would be massive beds of opal over vast areas. However, as every opal miner knows, this is not the case and all opal is unpredictable and patchy in the extreme.

Australian Opal is rarely faceted, nearly always domed. A domed stone is stronger and less prone to chipping. However Opal without a play of color (such as cherry red or amber Opal from Mexico) is often faceted and can look a lot like ruby. Opals are a carver’s delight. The stone is not too hard to work with and will not wear out your diamond tools as much as such stones as Chrysoprase and Agate.

Opal Size

Popular sizes are listed below.

Round: 5 mm and 6 mm

Oval: 6 x 4, 7 x 5, 8 x 6, 9 x 7, 10 x 8, 12 x 10, 14 x 10, 16 x 12, 18 x 13, 20 x 15, 25 x 18, 30 x 22, 40 x 30.

Opal Settings

Jewellery castings for opals can range from very simple designs to very ornate designs with accent diamonds.

There are some interesting myths associated with Opal settings. Some folks believe that Opal Doublets and Triplets are always put into fully backed settings to hide the potch backing. Others believe that full backings are used to protect the stone. Neither myth is true. A jeweler could just as easily “hide” a doublet in an open backed setting, as the join line between the stone and the potch backing would be covered by the side of the setting, making it difficult to see whether the back of the stone was a different stone or simply the less brilliant side of the same stone.

How Opal is Graded and Sold

Rough Opal parcels are sorted into three grades: tops, middle, and low. Each tops parcel has a King stone, which is the best stone in the parcel. Some parcels have several King stones. Color is the primary criteria for grading, but the graders also take into consideration the number of imperfections and faults, and whether a stone is the right shape to be cut into an oval or one of the other popular shapes. You can buy rough opal in several different conditions.

Mine Run

Direct from the mine. The stones have not been cut or ground down. This means that there is more guesswork in the cutting. Purchasing mine run opal can be risky if you are not very experienced.

Off Cuts

The miner has removed whatever black opal rough ,he has a market for and sells you what’s left. With off cuts, you can usually tell what you are going to be able to cut. You must still watch for cracks in the opal because once a crack becomes obvious, a stone can lose half its value.

Rubs

This can often be the best way of buying black opal rough if you are not very experienced. The miner has cut and ground the stones into basic shapes, after having removed most of the rubbish. What you have left is the stone nearly ready for the dopping and polishing process. You have the satisfaction of cutting your own stones without the high risk of buying mine run rough.

Opal is officially sold in troy oz. There are approximately 30 grams to a troy oz and approximately 30-oz to a kilo.

Hints and Tips

Here’s an eclectic assortment of hints and tips you may find helpful when buying or working with opal.

1. Not all Opal is valuable. Potch, is sometimes called “common opal” does not reflect colors. Potch does have its use, however, as a backing for doublets and triplets. When there is color mixed with potch it’s called “potch and color.”

opal potch

2. Some classes of rough Opal are unsuitable for making gemstones. Some are very porous. Others have a chalky appearance. Still others can lose their color in a short period of time. And yes, it is common for certain types of opals to shatter in a dry atmosphere when the water from the gel evaporates. The best protection for buyers is to purchase opal from a knowledgeable and reputable dealer who accurately details exactly what you are purchasing and is willing to guarantee the stones. Note: If you buy rough opal, there is no guarantee that it will not crack. This is the calculated risk you take and is part of the “excitement” of opal cutting. opal potch

3. When examining opal jewellery, look at the stone from the side to determine whether it’s a triplet. Solid and doublet opal domes are simply the opals formed into a curved dome shape. Triplets have clear crystal domes to protect the flat opal surface.

4. It is very difficult to tell whether a stone is a doublet or a solid if it is in a setting. It helps if the back of the setting is open, but it is still no real indication because the back of a doublet and a solid looks very similar, although a doublet is usually perfectly black on the back whereas a solid black opal usually has some imperfections. So if the back of a stone looks too perfect, you have to be a little suspicious. For this reason it’s best to buy opal from reputable dealers who know what they are doing because, unfortunately, many jewelers also are not experienced in opal.

5. When buying opal over the net, ask the seller to give you a summary of how close the graphic sample is to the real thing. Opal is very difficult to photograph and the appearance on the computer screen may give it a different look. Particularly is this the case in regards to size. Graphics come out in all different sizes, usually a lot larger than actual…so make sure you get your ruler out and actually draw the size on a piece of paper so that you will know in your own mind’s eye the actual size of the stone.

6. The same thing applies to the color of the stone. Make sure you get the supplier to give a commentary on the color so that you will know pretty well what you are getting. The camera sometimes picks up colors that are only minimal, while ignoring the feature colors.

ブラックオパールの明るさとボディトーンガイドオパールボディトーンガイドは、オーストラリアのオパール協会によって設計および作成され、 ブラックオパールおよびボルダーオパールのガイドとして機能します。オパール業界は最近、このガイドをエチオピアオパールを含む多くのオパールタイプにも使用しています。

ボディトーンN1-N4-ブラックトーンのボディタイプ用です。

ボディトーンN5-N7-ライトニングリッジでも採掘された明るい色のオパール用ですが、これらの低いボディトーングレードはクーバーペディオパールとエチオピアオパールで使用できます。

オパールの明るさガイド

オパールの明るさガイドは、オパールが肉眼で見る明るさに値を割り当てるのに役立ちます。

Brightest 1 to&Dullest 7-商業グレードと見なされる多くのオパールの平均輝度として3.5のオパールで使用できます。

3より低い明るさ -Bグレードオパールまたは低コマーシャルグレードと見なされます。

オパールカラーはどのように生成されますか?

オパール形成

砂漠の砂岩などのポッチに与えられた地元の名前は、それらが発生する地域に依存していますが、それらはすべて、同じ地域のフェルスパティック砂岩、粘土岩、シルト岩、泥岩に属し、広い地域で購入されたと言われています小川と湖。

オパール色が形成された素材をポッチと呼びます。第三紀の岩石で通常発生する火山性のオパールを除いて、私たちが非常によく知るようになったすべてのタイプのオパールはこれらの地層にあります。オパールは白亜紀の堆積物に見られますが、第三紀中に数百万年にわたって堆積したという推測の問題です。一般的な教訓は、特定の鉱物が百万分の120部でシリカを生産するために田舎の岩で分解され、骨、貝殻や他の溶解性物質によって残された空洞に堆積した微量元素であるということです。これらは、地下の断層や割れ目と同様に、地下水が風化期間の終わりにシリカを運ぶための経路を提供しました。

これは確立された理論ですが、情報源に応じて「わずかな変動」がありますが、モデルに信頼性を与えるためにモデルから削除された問題に満ちています。すべてのオパールがまったく同じ方法で堆積されなかったことはほとんど疑いがありません。これまでに、4つの異なる堆積方法を発見しました。もっとあるかもしれません。それらはすべて、イオン交換の方程式に共通の分母を持っています。事実、オパール化は非常に地域的なものであり、不浸透性の障壁の大きなベッドはオパール形成の二次的なものにすぎません。

上記のモデルの下でのオパール化の唯一の必要条件が適切な不浸透性トラップである場合、広大なエリアにオパールの巨大なベッドがあるでしょう。しかし、すべてのオパール鉱夫が知っているように、これは事実ではなく、すべてのオパールは予測不可能で極端な斑状です。

オーストラリアのオパールはほとんどファセットカットされておらず、ほぼ常にドーム型です。ドーム型の石はより強く、チッピングを起こしにくいです。ただし、色の付いていないオパール(メキシコ産のチェリーレッドやアンバーオパールなど)は、多くの場合、ファセットカットされており、ルビーによく似ています。オパールは彫刻家の喜びです。石は扱いにくいものではなく、クリソプレーズやメノウなどの石ほどダイヤモンド工具が磨耗することはありません。

オパールサイズ

人気のサイズは以下のとおりです。

ラウンド: 5 mmおよび6 mm

楕円: 6 x 4、7 x 5、8 x 6、9 x 7、10 x 8、12 x 10、14 x 10、16 x 12、18 x 13、20 x 15、25 x 18、30 x 22、 40 x 30。

オパールの設定

オパールのジュエリーキャスティングは、非常にシンプルなデザインから、アクセントダイヤモンドを使用した非常に華やかなデザインまでさまざまです。

オパールの設定に関連する興味深い神話がいくつかあります。一部の人々は、オパールのダブレットとトリプレットが常にポッチバッキングを隠すために完全にバックアップされた設定に入れられていると信じています。他の人は、石を保護するために完全な裏打ちが使用されていると信じています。どちらの神話も真実ではありません。宝石師は、石とポッチバッキングの間の接合線が設定の側面で覆われているため、石の裏面が見えないかどうかを確認するのが難しいため、オープンバック設定でダブレットを簡単に「隠す」ことができます別の石、または単に同じ石の華麗な側面。

オパールの等級付けと販売方法

ラフオパールの区画は、トップ、ミドル、ローの3つのグレードに分類されます。各トップパーセルにはキングストーンがあり、これはパーセルで最高のストーンです。一部の区画にはいくつかのキングストーンがあります。色はグレーディングの主要な基準ですが、グレーダーは欠陥や欠点の数、石が楕円形にカットするのに適した形状であるか、その他の一般的な形状であるかを考慮します。いくつかの異なる条件でオパールを購入できます。

マイラン

鉱山から直接。石は切り落とされていません。これは、切断により多くの当て推量があることを意味します。あなたがあまり経験を積んでいないなら、マイニングオパールを購入するのは危険です。

オフカット

鉱山労働者はブラックオパールの原石を取り除いており、残っているものを販売し、販売しています。オフカットを使用すると、通常、何をカットできるかを判断できます。オパールの亀裂に注意する必要があります。亀裂が明らかになると、石はその価値の半分を失う可能性があるためです。

摩擦

経験が浅い場合、これは多くの場合、ブラックオパールラフを購入する最良の方法です。鉱山労働者は、ほとんどのゴミを取り除いた後、石を基本的な形状に切断して研磨しました。あなたが残したものは、ドッピングと研磨プロセスの準備がほぼ整った石です。鉱山の荒削りを買う危険性が高くなく、自分で石を切ることに満足しています。

オパールは、トロイオンスで正式に販売されています。トロイオンスに約30グラム、キロに約30オンスがあります。

ヒントとコツ

オパールを購入または操作する際に役立つさまざまなヒントとヒントをご紹介します。

1.すべてのオパールが価値があるわけではありません。ポッチは、「一般的なオパール」とも呼ばれ、色を反映しません。ただし、ポッチは、ダブレットとトリプレットのバッキングとして使用されます。ポッチと混ざった色があるとき、それは「ポッチと色」と呼ばれます。

オパールポッチ

2. ラフオパールの一部のクラスは、宝石の製造には適していません。いくつかは非常に多孔質です。その他は白亜質の外観をしています。さらに、短期間で色を失う人もいます。そして、はい、ゲルからの水が蒸発するとき、特定の種類のオパールが乾燥した雰囲気の中で粉砕することは一般的です。バイヤーにとって最善の保護は、知識が豊富で評判の良いディーラーからオパールを購入することです。ディーラーは、購入しているものを正確に詳述し、石を保証する意思があります。注:粗いオパールを購入した場合、割れないという保証はありません。これはあなたがとる計算されたリスクであり、オパールカットの「興奮」の一部です。 オパールポッチ

3. オパールのジュエリーを調べるときは、横から石を見て、それがトリプレットかどうかを判断します。ソリッドおよびダブレットオパールドームは、単に湾曲したドーム形状に形成されたオパールです。トリプレットには透明な水晶ドームがあり、平らなオパール表面を保護します。

4.石がセッティングにある場合、石がダブレットであるかソリッドであるかを判断することは非常に困難です。設定の背面が開いている場合に役立ちますが、ダブレットとソリッドの背面は非常に似ているため、まだ本当の兆候はありませんが、ダブレットは通常背面が完全に黒ですが、 ソリッドブラックオパールは通常いくつかの欠陥があります。そのため、石の裏側が完璧すぎるように見える場合は、少し疑わなければなりません。このため、残念ながら多くの宝石商もオパールの経験がないため、評判の良いディーラーからオパールを購入するのが最善です。

5.ネットでオパールを購入するときは、グラフィックサンプルが本物にどれだけ近いかを売り手に要約してもらいます。オパールは写真を撮るのが非常に難しく、コンピューターの画面上の外観が異なる外観になる場合があります。特にサイズに関してはこれが当てはまります。グラフィックはさまざまなサイズで表示され、通常は実際のサイズよりもはるかに大きくなります。そのため、定規を外に出し、実際に紙にサイズを描いてください。

6.同じことが、石の色にも当てはまります。あなたが何を手に入れたかをよく知ることができるように、色についての解説を提供するようにサプライヤーに依頼してください。カメラは、フィーチャーの色を無視しながら、最小限の色のみをピックアップすることがあります。

このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

41人々はこの記事が役に立ったと感じました

コメント

Opalplus

Over 5 years ago Opal buyers would constantly check and ask questions about Body tone for black opals.
Market trends have now changed, and most buyers ask about Brightness as well as Body tone.
Chinese buyers would only buy N1 body tone black opal and this placed a lot of demand for Body tone ahead of Brightness.
Today Brightness is the most important and has major consideration factor in valuing opals as well as the opal pattern.
Unfortunately we have two systems for Brightness ratings that have not been approved by Cibjo or leading gemmologist organizations.
On Opalauctions we recommend the Australian opal association Opal brightness Guide that places brightest opal at B1. compared to the original B5 rating.

29th Jan 2020
Chasmalta

Yes I agree, Brightness should be included on black opal listing.

2nd Jan 2020
Opalplus

Reply Tony translate
Or can we buy the rule Opal base body tone guide SVP
Yes here is link

https://www.opalauctions.com/auctions/two-body-tone-charts-599156

21st Jan 2017
Tony1966

Ou pouvons nous acheté la règle Opal base body tone guide SVP

21st Jan 2017
Opalmarket

Yes.Helped me a lot.Thank you.

3rd Oct 2016
Electra

I do get confused with body tone chart with brightness chart.
Its seems everyone states body tone of an opal but I think Brightness is just as important
Lot black opals now seem to be N2 to N3 as an average
I do not see many N1 black opals and they are all expensive now
That’s why I think Brightness is more important now and most are rated B3 to B4
May I make a suggestion that Brightness be added below Body tone on black opal listings

24th Aug 2016
A-Z Of Opals

A-Z Of Opals

A complete list of your favourite Opal from all over the world
31記事
Did you know?

Did you know?

Check out our fascinating information and articles on all things amazing in the Opal world
40記事
How To's

How To's

All of your favourite Opal How To's
18記事
News

News

What's trending in the Opal Industry
42記事
Opal Auctions  Verified Sellers

Opal Auctions Verified Sellers

Opal Auctions sellers who are approved as opal Verified Sellers
4記事
Opal Information

Opal Information

Information about Opal and its colorful history
104記事
Opal Stories

Opal Stories

Feel like reading a yarn or two?
6記事
Technical Opal Information

Technical Opal Information

All there is to know about Opals including Black Opals, Ethiopian Opals & Boulder Opal
15記事
Testimonials

Testimonials

Feedback from our VIP customers
5記事